人気ブログランキング |

わたしの足跡 1.5 ~ときどきパリ


KAYO*chocolat(ショコラ)です! 年に一度、フランスに出没♪旅行記更新中です。 写真、カリグラフィー、フランス額装、フランス旅行…などなどを綴ってます。
by kayo_chocolat
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
旧ブログ↓
わたしの足跡

※当ブログ内の全ての画像、文章の転用・コピーを固く禁じます。
Copyright (C) KAYO*chocolat, all right reserved.








以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
>0114ikuさま ..
by kayo_chocolat at 03:16
Kayo_chocola..
by 0114iku at 08:08
>0114iku様 も..
by kayo_chocolat at 21:14
kayo_chocola..
by 0114iku at 05:59
>0114iku さま ..
by kayo_chocolat at 21:07
>0114iku さま ..
by kayo_chocolat at 20:45
kayo_chocola..
by 0114iku at 09:43
kayo_chocola..
by 0114iku at 08:32
>0114ikuさん ..
by kayo_chocolat at 01:43
こんにちは。 その後、..
by 0114iku at 21:38
外部リンク

タグ:美術館&博物館 ( 36 ) タグの人気記事

頭が混乱…エッシャー展

病院帰り、今日は行きたかった「ミラクル エッシャー展」へ。
あべのハルカス美術館に行くのは初めて!
a0373683_22553422.jpeg

a0373683_22553412.jpeg

a0373683_22553587.jpeg

a0373683_22553580.jpeg

せっかくなので、音声ガイドを聞きながら。

エッシャーの絵はちらほら見たことがあるけど、全部版画だったのかぁ。
一つ一つ見ていくと、目と頭が混乱してくる…。
これらを考え出したの、すごいなぁ。

じっくり見過ぎたのか…途中から頭痛が…。

気に入ったポストカードを購入♪
a0373683_22553553.jpeg

不思議なエッシャーの世界を楽しみました!!

クリスマスツリーが可愛かった!
a0373683_22553684.jpeg

by kayo_chocolat | 2018-12-17 22:52 | お出かけ | Comments(0)

「没後50年 藤田嗣治展」と、週末のみのモンブラン

今週だけで、3回目となる眼科。
結果は別にまとめることにします。

会計計算待ちの間に、カフェでオムライスを。
普段はほとんどお米を食べないけれども、心身ともに疲れた時は、無性にお米が食べたくなる。
a0373683_21393293.jpeg

そのあとは、「没後50年 藤田嗣治展」へ。
a0373683_21393168.jpeg

a0373683_21393122.jpeg

初期から順を追っての展示で、絵の変化などがよくわかる。
彼の絵では、背景に金箔を使用したものをたびたび目にするのだけど、今回は銀箔を使用したものが!
銀箔が使われてるのは、この1枚だけだそうだ。
年月とともに銀の輝きは失われ、今では鈍色になってしまっているが、完成当時は美しかったんだろうなぁ。

会場が2か所に分かれていて、戦後に再びフランスに渡った後のフジタの絵がしっかり展示されていたのには嬉しい。
絵だけでなく、彼がペイントした木箱やお皿も。
今まで見たことのない絵も多々でした
今年はパリと日本と、両方のフジタ展を見たけど、どちらもそれぞれすごくよかった!
a0373683_21393163.jpeg

クリアファイルを2種類購入しました♪
どちらもお気に入り♪
a0373683_21391748.jpg


そのあと、図書館でちょっと本を読んだ後は、フランス額装仲間の個展を見に。
ちょうど在廊されててよかった!
カフェとギャラリーが一緒になっているので、タルトタタンと紅茶を頂きながらお喋り。
ラビの色合いが素敵だったなぁ。

帰りは、京都伊勢丹の、拡張リニューアルされた地下1階の売り場へ。
すごい!!!ピエール・エルメ、アンリ・ルルー、ジャン=ポール・エヴァンもある!!
これは、今後の病院通いが楽しくなりそう。

買って帰ったのは、ジャン=ポール・エヴァンの、モンブラン。
これ、金土日のみの販売なんです。
a0373683_21393116.jpeg

a0373683_21393146.jpeg

数年ぶりだなぁ。
下のメレンゲが、ちょっとしんなりしているのだけど、この柔らかいメレンゲも好き。
とっても美味しかった!



by kayo_chocolat | 2018-12-07 21:37 | お出かけ | Comments(0)

〈7日目-5〉 真夜中近くのプチパレ(5/19-その5)


2018年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【7日目(5月19日-その5)】
「行列をすっ飛ばして、フォンダシオン ルイ・ヴィトンに!(5/19-その4)」からの続きです)

さてさて、ヨーロッパ美術館の夜(Nuit européenne des musées)。
次の美術館、グランパレに着いたのは23:00くらい。
でも行列がすごくて、中に入るのは無理そう…。
ここでは、「アーティスト&ロボット」展が行われていて、ちょうど見たいなと思っていたので、無料で入れるこの日に入りたかったのだけど…、この行列では無理だ…。

お向かいのプチパレへ行ってみることに。
ここはすんなり入れて、中庭がブルーにライトアップされていて、とっても幻想的♪
a0373683_21275895.jpg

a0373683_21275880.jpg

a0373683_21275890.jpg

ところどころで、こんなパフォーマンスが。
演者がお客さんに、ながーい筒で何やら呟いてるみたい。
a0373683_21283622.jpg

窓がとても綺麗だわぁ。
夜じゃないと、見られない美しさ。
a0373683_21283753.jpg

a0373683_21283610.jpg

しばし、中庭を散策…。
ここ、来てみて良かった!!!
a0373683_21291341.jpg

a0373683_21291487.jpg

中に入ってみると、寸劇が行われてました。
でも終わりかけで、退場しちゃう~。
a0373683_21291331.jpg

企画展の、プチパレの昔の工事の写真を見て。
a0373683_21294798.jpg

a0373683_21294740.jpg

a0373683_21294786.jpg

ちょうど見終わるころに、「もう閉めますよー」とのお声が。
もう真夜中になっちゃった!
a0373683_21294767.jpg

a0373683_21302677.jpg

それから部屋に着いたのは24:30過ぎ。
かなり疲れたけれども、普段は見れない夜の美術館を色々回れて、とっても楽しかった!!


8日目へ続きます)





by kayo_chocolat | 2018-12-06 21:32 | Paris-2018-旅行記 | Comments(0)

〈7日目-4〉 行列をすっ飛ばして、フォンダシオン ルイ・ヴィトンに!(5/19-その4)


2018年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【7日目(5月19日-その4)】
「装飾美術館の常設展と、アートなイベントいろいろ(5/19-その3)」からの続きです)

次に向かったのは、Fondation Louis Vuitton(フォンダシオン ルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン財団美術館)
駅から歩いて行ったのだけど、美術館のかなり手前のほうから、ずら~~と長い長い行列が!!
200メートル近くあるんじゃないかな。
ええ!!こんなに並んでるの?!
でも、そんな列を無視して入り口に向かってすいす~いと。
Mさんが、あらかじめネットチケットを予約してくれてたので、それをスマホで見せて、すいっと入れちゃいました。
何だか、VIP気分で気持ちがいいわ♪

まずはテラスでちょっと一休み。
ちょうど太陽が沈むころ。
a0373683_21154746.jpg

それから、中へ入って展示を見ていきました。
今は現代アートの「Au diapason du monde」という展示が行われています。
何だか可愛いな…と思ったら、村上隆さんの展示でした。
a0373683_21154755.jpg
a0373683_21154657.jpg

3つの部屋で彼の展示が行われていて、小さい部屋には行列が。
a0373683_21171857.jpg

中は、一面笑ってるお花!!
a0373683_21244960.jpg

他にもいろんな『Kawaii(可愛い)』キャラが。
a0373683_21171759.jpg

a0373683_21171823.jpg

ほんと、とっても賑やかで可愛くて、元気いっぱいの部屋!

別の大きな部屋は、横に長くて迫力がある!!
a0373683_21224837.jpg

a0373683_21224783.jpg

a0373683_21231930.jpg

a0373683_21231803.jpg


続いては、別の現代アートを色々見学。
a0373683_21252387.jpg

a0373683_21252335.jpg

お馬さんが…天井に吊られてるよ。
壁に映る影が、何だかシュールだわ。
a0373683_21252443.jpg

a0373683_21255851.jpg

a0373683_21255811.jpg

a0373683_21255967.jpg

この蛍光灯をたくさん使った作品、とても綺麗だった。
a0373683_21255800.jpg

中では別行動していたMさんと22:30に連絡を取り合ってみると、まだ見ているというので、私は一人、また別の美術館目指して!!
うわー!外はとっても寒い!!
一応、薄手のコートを着てきてよかった。

5/19-その5:「真夜中近くのプチパレ」へ続きます)




by kayo_chocolat | 2018-12-05 21:28 | Paris-2018-旅行記 | Comments(0)

〈7日目-3〉 装飾美術館の常設展と、アートなイベントいろいろ(5/19-その3)


2018年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【7日目(5月19日-その3)】
「夜の美術館、まずは装飾美術館のマルタン・マルジェラ展(5/19-その2)」からの続きです)

Musée des Arts Décoratifs(装飾美術館)の常設展の見学の続きを。
このベッド、足元の柵が緩やかなカーブを描いてる。
a0373683_20421825.jpg

a0373683_20421871.jpg

アールヌーボーの家具は、丸みがあって柔らかくて、見ていると優雅な気持ちになってくる。
a0373683_20421932.jpg

a0373683_20421875.jpg

エッグカップ、すごく手が込んでる!!
a0373683_20432378.jpg

a0373683_20432315.jpg

a0373683_20432350.jpg

こちらのチェスト、面白い!!
何だか、人間の胴体のように見えてくる…。
a0373683_20435716.jpg

別角度から、吹き抜け部分を見下ろして。
a0373683_20440927.jpg

ひと通り常設部分も見たかな…という感じだったので、吹き抜けから見下ろした、1階の長テーブルのところに行ってみよう。
近づいてみると、色鉛筆がいっぱい!
色んな絵が描かれていて、塗り絵のように塗られている部分もあって、楽しい机になってる。
a0373683_20443312.jpg

ちょっと怪しげなパフォーマー二人。
ゆっくりした動作で、ポーズを取ったり…。
a0373683_20454087.jpg


横の窓よりのコーナーではイベントが行われてた。
a0373683_20460841.jpg

色んな絵柄があって、私も好きなのを一つチョイス。
a0373683_20460875.jpg

で、熱でその絵を布に転写してくれる!!
a0373683_20460733.jpg

紙を切り抜いて組み立てるペーパーアートも配ってて、全種類いいよ~と言われたので、遠慮なく椅子やベッド、女性などのをもらっちゃった。
a0373683_20464601.jpg

パンフレットやカードに、ステンシルをしている。
何だかすごく元の写真にマッチしていて、かっこいい!
a0373683_20464634.jpg

こちらは、缶バッヂを作って配ってる。
ここでも、どんどん持っていってーと言う感じだったので、気に入ったのをいくつか。
a0373683_20464643.jpg

ギルディングのコーナーは大人気!!
みんな真剣に、ペタペタ貼ってる。
a0373683_20464729.jpg

ここのイベントコーナーは、アート学校の生徒が行ってるそうだ。
今回のヨーロッパ美術館の夜のパンフレットの表紙を、ここの学校の人がデザインしたのだって。

頂いたのは…こんな感じ!!
a0373683_20474545.jpg

a0373683_20474506.jpg

それから、Mさんと合流して次の美術館へ向かいました。
まだまだ夜はこれから~~!!!

5/19-その4:「行列をすっ飛ばして、フォンダシオン ルイ・ヴィトンに!」へ続きます)




by kayo_chocolat | 2018-12-02 22:38 | Paris-2018-旅行記 | Comments(0)

〈7日目-2〉 夜の美術館、まずは装飾美術館のマルタン・マルジェラ展(5/19-その2)


2018年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【7日目(5月19日-その2)】
「フロマージュリーHISADAのチーズビュッフェで、お腹いっぱいチーズを堪能♪(5/19-その1)」からの続きです)

今日は、夜のお楽しみが色々♪
Nuit européenne des musée(ヨーロッパ美術館の夜)の日なので、多くの美術館&博物館が夜中まで開いてる!

17:30に、Musée des Arts Décoratifs(装飾美術館)前でMさんと待ちあわせて、開館の18時までちょっと列に並んでました。
この美術館でまず向かったのは、マルタン・マルジェラの展示「Margiela les années Hermès」。
マルジェラが、エルメスのデザイナーだった頃のものが展示されています。
a0373683_21091271.jpg

a0373683_21095224.jpg

a0373683_21095206.jpg

オレンジと白とで色分けされていて、何だろう…と思ったら、オレンジ色がエルメスのもの、白色がマルジェラ自身のブランドのものらしい。
なるほど~、どちらのものか一目でわかる!
a0373683_21101435.jpg

a0373683_21101491.jpg

ショートブーツに注目!!
先が2つに分かれていて、足袋みたいになってる!!
はいていて、足の指が痛くはならないのかなぁ…。
a0373683_21101412.jpg

所々に映像があって、モデルがコートをするっと脱いだりしている様子が写されてました。
a0373683_21111364.jpg

a0373683_21111336.jpg

左のコート、面白い形だな。
a0373683_21113109.jpg

なんと!革の手袋を使ったもの!
a0373683_21113154.jpg

色使いはシンプルだけど、ラインが素敵だなと思うものがたくさん。
シルエットがとても美しい。
a0373683_21113150.jpg

a0373683_21120768.jpg

オレンジゾーンとホワイトゾーンを見比べるのも、楽しかったです。
a0373683_21120714.jpg


常設展の、宝飾部屋をちらりと。
どのジュエリーも、キラキラまばゆい。
a0373683_21123349.jpg

それから、もう一つの企画展、Roman Cieślewiczというグラフィックデザイナーによる「la fabrique des images」を。
a0373683_21123392.jpg

コラージュやフォトモンタージュが多くて、何と言うか…すごく強烈な印象。
a0373683_21130245.jpg

a0373683_21130132.jpg

a0373683_21130129.jpg

見ていると、ちょっと頭がふらつくような、そんな奇妙な感じになってくる。
a0373683_21130273.jpg

企画展は見終わったので、続いては常設展を。
かなり昔に来たことがあるけれども、一通り回ってみよう。
a0373683_21134232.jpg

この3人がけの椅子、時々美術館で見かけるけれどもとても好き。
a0373683_21134243.jpg

吹き抜けの部分を見下ろすと…おや?何してるんだろう?
a0373683_21134261.jpg

a0373683_21134188.jpg

ぐぐっとカメラでズームしてみると、みんな絵を描いてる!!
後で行ってみよう。


5/19-その3:「装飾美術館の常設展と、アートなイベントいろいろ」へ続きます)




by kayo_chocolat | 2018-12-02 21:15 | Paris-2018-旅行記 | Comments(0)

〈6日目-2〉 ジュ・ド・ポムと、大観覧車の最後の姿(5/18-その2)


2018年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【6日目(5月18日-その2)】
「 ローラン・デュシェーヌのパン&写真美術館&美味しいフォー!(5/18-その1)」からの続きです)

続いて向かったのは、ジュ・ド・ポム(Jeu de Paume)。
a0373683_20295231.jpg

まずは、Raoul Hausmannの展示から。
写真だけでなく、色々なアート活動を行っていた人らしい。
a0373683_20295167.jpg
a0373683_20295215.jpg

ヌードが多く、またタイトルなしのものが多かった。
とても曲線を感じる…。
a0373683_20311659.jpg

a0373683_20315327.jpg

映像コーナーは人だかりで、ちらっと見ただけ。
a0373683_20311776.jpg

風景写真も多く、結構好きな感じだなと思いつつ見て回ってました。
a0373683_20311730.jpg

もう一つの展示は、Susan Meiselasによるもの。
ここは写真禁止でした。
ニカラグアの内戦のことを大きく取り上げたもので、彼女の撮った内戦写真がいろんな雑誌に載っていました。
雑誌の事もあるから、写真禁止なのかな。
彼女について書かれた、日本語の雑誌もありました。

NYのリトルイタリーで、少女を撮った写真があったのだけど、だんだんその少女たちが大きくなって大人になってた!
長い付き合いだなぁ。
子供のころからとても大人っぽくて、大人になったのもやはり面影が残ってる。
これは、ショップにポストカードがあった!!

彼女は他に、ストリッパーに密着取材した写真も撮っていて、少し前に見た映画「ブルーイグアナの夜」を思い起こさせる感じ。
超高級SMクラブでプレイ中のもあり、普段見れない世界を垣間見ました。

ゆっくり見て、外に出たらまだまだ日差しが強い!
コンコルド広場には、大観覧車が。
a0373683_20334609.jpg

毎年設置されてきたこの観覧車、なんと今年で設置されるのが最後らしい。
そして、今日、5月18日が最終日なんだとか!!

今まで一度も乗ったことがなかったし、最後に乗ろうかなぁ…と思ったけれど、なんともなが~~~~い行列が!!!
a0373683_20334599.jpg

乗るのはあきらめて、いろんな角度から観覧車を眺めることに。
a0373683_20371251.jpg

エッフェル塔と観覧車の組み合わせも、見納めかぁ。
a0373683_20334583.jpg

下から見上げると、なかなかの迫力!!
a0373683_20352998.jpg

a0373683_20371217.jpg

今日で最後だなんて!
毎年時期になったら設置されているので、気になりつつも乗るのを先送りにしていたことを、ちょっと後悔。
a0373683_20352964.jpg

もう19:15なのに、日差しが強い!!
噴水の音が、ちょっぴり涼しさをもたらしてくれる気がする。
a0373683_20371362.jpg

ロープを使ってシャボン玉を飛ばしている人がいて、子供たちがキャッキャしながら追い回してる!
a0373683_20371263.jpg


いいお天気の元、ちょっとお散歩してからメトロに乗ってPlace Mongeで降りて。
去年来た時は午前中&準備中で買えなかったので、今度こそはと、La Maison des Tartesへ向かいました。
a0373683_20383580.jpg

a0373683_20383473.jpg

タルトがいろいろあって、シェーブルチーズとほうれん草のタルトと、タルトタタンをテイクアウト。
シェーブルの方は温めてもらったので、近くの公園ベンチで、いただきまーす!!。
a0373683_20383589.jpg

ヤギのチーズの、すきだわぁ。
ほんと、日本でヤギのチーズを使ったものを、気軽に食べられないのが悲しい。
フランスにはいろんなところで見かけるのに。

タルトタタンの林檎、ちょうどいい感じに酸味もあって食べやすい!
とろとろ柔らかいリンゴって、大好き♪
a0373683_20383510.jpg

結構お腹いっぱい!
毎日食べまくってるわ。
帰国してから、体重計に乗るのがこわい…。

帰りに、今日はちょっと歩く別の大きいスーパーへ。
やっぱりこっちの方が野菜や果物が新鮮だなぁ。
ハーブティーで、欲しかったブドウの葉が入ってるのがあった!!
ボンヌ・ママンのリ・オ・レや洋ナシのクッキーも♪
a0373683_20394534.jpg

大好きな、バラとライチのヨーグルトや、洋ナシ&キャラメルのヨーグルトも。
色んなヨーグルトがあって、食べるのが楽しい♪
a0373683_20394568.jpg

ずらりと並ぶ板チョコから、洋ナシのとミントのを買ってみました。
a0373683_20394431.jpg

そして、洋ナシも!
種類が違うのを一つずつ。
どの形も、可愛いなぁ。
a0373683_20450895.jpg

Les 3 chocolatsで買ったショコラがこちら!
a0373683_20450909.jpg

きなこ、ゆず、ゆずオリーブ、キャラメルトンカ、はちみつ、あそ、マダガスカル64%、みそ、ミント、ローズ、ヴァンショ、ブラジル55%、さくら、山椒、バジルフレーズ、の15個!!
a0373683_20450882.jpg

日本っぽい味もたくさんで、今日はまず「さくら」を食べてみました。
ふんわりとした桜の香りで、カカオの香りを消していなくてちょうどいい!
あと、「はちみつ」も。
ちょっとクセのある蜂蜜の味で、栗かそばのはちみつかな?
「バジルフレーズ」は、バジルのガナッシュに、苺のパート・ド・フリュイという2層仕立てで、味が混ざり合ってとても好きな感じ。

残りのショコラを、数日かけてゆっくり味わっていこう♪


7日目へ続きます)





by kayo_chocolat | 2018-11-28 20:49 | Paris-2018-旅行記 | Comments(0)

〈6日目-1〉 ローラン・デュシェーヌのパン&写真美術館&美味しいフォー!(5/18-その1)


2018年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【6日目(5月18日-その1)】

今日は朝からいいお天気!!
まずは、画材屋さんに行ってみることにしました。
何かカリグラフィーのもので、いいのはあるかな~と思って。
ペン軸で、握りやすく三角になっているものがあった。なかなかいい感じ♪
それに、幅広のペン先も。
コイトペンは何本か持っているけど、ここまで幅広は持ってなかったし、6種類の幅のペン先がセットになっていて、これも便利そうなので購入することにしました。
a0373683_20531746.jpg

アルシュの紙も欲しかったけど、今買ったら1日中持ち歩くのに重いので、別の時に買うことにしよう。

それからは、Laurent Duchene(ローラン・デュシェーヌ)というパティスリーへ。
ここもずっと気になってたところで、やっと来れた!
a0373683_20542084.jpg

お腹が空いていたので、パンを2つ購入して、そばのベンチでいただくことに。
まずは、クロワッサン・ショコラ!
模様になってて見た感じも可愛い♪
a0373683_20542063.jpg

クロワッサンがさっくさくで、チョコは甘すぎずちょうど良くて、すごく美味しい!!
これなら、もう一つ軽く行けちゃうわぁ。

そしてもう一つ買ったのは、ブリオッシュのフランボワーズソース入りのもの。
これも美味しそうな雰囲気を醸し出している!
a0373683_20541980.jpg

一口食べてみて…とっても美味しい!!
中には、とろ~りフランボワーズソースで、それがとてもいいアクセントになってるし、味も文句なし!!
赤い色がとっても綺麗だなぁ。

今回は食べなかったけれど、ここのショソン・オ・ポムをぜひ食べてみたいと思う!

続いて向かったのは、いつも訪れるヨーロッパ写真美術館(La maison Europeenne de la Photographie)
a0373683_20550956.jpg

まずは、Roger Moukarzelの展示を。
女性たちの、多重モノクロ写真の数々。
それぞれの表情は読み取れるように、ほんのり重なっていていい感じになってます。
こういう雰囲気もいいなぁ。
a0373683_20553510.jpg

a0373683_20553584.jpg

メインとなる展示は、たくさんの写真家のものがあり、好きだと思うものやそうでなものも、様々な写真を見ることができました。

歌声が聞こえてきそうな、この写真はMartine Barratによるもの。
これも好きな感じ。
a0373683_20555698.jpg

a0373683_20555683.jpg

ものすごく好みだなぁ…と思って、タイトル表を見てみると、やっぱり!!Sarah Moonの写真だ!!
a0373683_20573633.jpg

少しぼんやりしていて幻想的で、ずっと見ていたいなと思う。
a0373683_20573687.jpg

Philippe Perrinや、Philippe Rametteたちの写真を見て。
a0373683_20581113.jpg

a0373683_20581122.jpg

どっちが上か横か…。体勢を維持するの、大変そう…。

Sophie Ristelhueberの、一瞬、別の惑星?かと思ってしまうような、そんな地球上の表情。
a0373683_20590251.jpg

この、顔が映り込んでいる写真の撮り方、素敵だなぁ…。
Alain Fleischerによる写真です。
a0373683_20583786.jpg

a0373683_20583744.jpg

この建物、階段部分の雰囲気が、時間が止まったような感じがしてとても好き。
a0373683_20595562.jpg

Guillaume de Sardesによる展示は、写真の下に短い文章が書かれていて、恋の物語となっている。
a0373683_20595520.jpg

年月が経つとともに、写真の女性が美しくなっている感じがする。
a0373683_20595599.jpg

Yann Arthus-Bertrandの写真は、色彩がはっきりしていて、木を伐採した跡や、群れで飛ぶ赤い鳥など。
a0373683_21002423.jpg

a0373683_21002455.jpg

a0373683_21002408.jpg

Sarah Moonの写真が載ってる本を、どこかで探して買おうかなと思っていたら、この美術館で見つけたのでもちろん即購入!!
持って帰りやすい、小さいサイズのものがあってよかった。
a0373683_21004951.jpg

たくさんの写真を見終わった後は、甘いものを求めて「Les 3 chocolats」へ。
ここは絶対に行こう!と思っていたショコラティエ。
日本人の女性がシェフで、テレビ番組でなぜパリにお店を開いたのかとか、いろいろ見ていたし、ぜひとも味わってみたかったのです。
a0373683_21004910.jpg

お店に入ると…おや?中にいる女性は、テレビで見た人と違う…。
今は、シェフはスイスに行っているらしい。
お会いできなくて残念!!
a0373683_21005044.jpg

気になるショコラの味がたくさんあって、あれもこれも…と選んでたら、合計15個になってました。
でもこれだけで、11.88ユーロだなんて、ほんと気軽にショコラが買える国だなぁ…、いいなぁ…と思っちゃう。
味見で頂いたほうじ茶ショコラも美味しかったし、これは味わうのが楽しみだ!

そろそろ15時近いし、お腹が空いた…。
こんな中途半端な時間でもお昼が食べれる、Song Hengというフォーとボブンのみのお店に行きました。
こんな時間なのに、結構並んでる!!
10分ほど並んでいる間、フォーかボブンかどちらにするか悩む…。
気分的にはボブンだけど、フォーの出汁を飲みたいし…と思って、フォーにしました。
まずは、もやしとミントの葉がたっぷりのお皿が。
お隣は常連さんのようで、私も真似して、フォーを待つ間ミントの葉を茎からちぎって。
a0373683_21015135.jpg

フォーがやってきた!!
サイズが大小とあって、小さいサイズにしたのだけど、小さいといっても十分大きいサイズ!!
a0373683_21015087.jpg

牛肉がまだ赤いので、下の方に沈めてから、もやしとミントを全部スープに入れて、レモンをぎゅっと絞って、いただきまーす!!
あー、めっちゃ美味しい(*´▽`*)
このスープの味、たまんないわぁ。
あっさりしていつつ、コクがあって、とにかくスープが美味しい!!
ミントって、フォーにすごく合うんだなぁ…と思わぬ発見も楽しい。

牛肉との他に、丸いボールが入ってるのだけど、何だろう…。
魚肉ソーセージがボール状になったような、そんな感じがする。

とにかく美味しくて、夢中で食べて、スープもほとんど飲みつくしてお腹いっぱい!!
お店の外観はこんな感じ。
a0373683_21015147.jpg

お腹も満足したことだし、また美術館へ向かいました。


5/18-その2:「ジュ・ド・ポムと、大観覧車の最後の姿」へ続きます)





by kayo_chocolat | 2018-11-27 21:06 | Paris-2018-旅行記 | Comments(2)

サヴィニャックの、ポスターや原画がたくさん!

「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」展に行ってきました。
a0373683_00252822.jpg

a0373683_00255426.jpeg

サヴィニャックの描くポスターは、どれも可愛いだけじゃない魅力があってとても好き。
彼が晩年を過ごした、トゥルーヴィルの街には、海岸の散歩道や町の所々に、サヴィニャックのポスターがあって、それを見ながらお散歩したっけ。

今回の展示は、ポスターとなっているものだけではなく、それらの原画もあり、何と言ってもそれが嬉しい!
原画と見比べてみると、ポスターになった時にちょっと色が明るくなったりしている部分などがある。
サヴィニャック本人が、原画を描く手順やなどを説明している映像もあって、ポスターになった時に入る文字の事を考えてとか、一つのポスターを作るのに、いくつものデザインから絞り込んでいることなど、そういう事を見ることができてよかった。

会場の外には、撮影スポットも。
a0373683_00252800.jpeg

a0373683_00252881.jpeg

a0373683_00252705.jpeg

ポストカードとクリアファイルを購入♪
a0373683_00252752.jpg

混んでなくて、ゆっくりみれてよかった♪
サヴィニャック、好きだわぁ。

by kayo_chocolat | 2018-11-13 23:24 | お出かけ | Comments(0)

〈5日目-3〉 マンツーマンで、フォウロン洞窟を見学 & 鳥がぎっしりの歴史自然美術館(5/17-その3)


2018年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【5日目(5月17日-その3)】
「 そびえ立つ!!シャトーダン城! (5/17-その2)」からの続きです)

シャトーダンで見たいなと思っていたのが、お城ともう一つ、フォウロン洞窟(Les Grottes du Foulon)。
ガイドツアーのみで見学できる場所です。
a0373683_20522715.jpg

14時が午後のツアーの最初なので、その時間のちょっと前に行くと…他に待ってる人は誰もいなくて、私1人だけ…。
受付の人は、「最低2人からだから、他に誰も来なかったらこの回は中止ね」と言ってて、誰か来て‐!と祈りつつ待つも、時間になっても誰も来ない。
あーあ、洞窟に入れない…、夕方まで毎時あるから、次の15時のにまた来てみようかなと思って帰ろうとしたら、案内係のおじさんがやってきて、「一人でもいいよ!案内するよ!!」と、とっても嬉しいことを言ってくれた。
わーーーい!!!
おじさん、ありがとうーーーー!!!

フランス語での小一時間のガイドツアー。
まずは外で、色んな層があることを聞きました。
おー、ほんとだー!
a0373683_20282552.jpg

色々なものが埋まってる。
ここは大昔は海で、土や貝などが積もってプレスされていったらしい。
a0373683_20324363.jpg

いよいよ、奥の扉から洞窟のなかへ!
中に入ると、結構広い!
まずはショーケースに並べられた、石器時代の道具について。
始めは大きな道具も、だんだん小さく使い勝手よく進化していったらしい。
携帯も昔は大きかったけど、今は小さいスマホになったみたいな感じだよ!と。

天井や壁に所々に黒っぽい石があって、なんとそれは、海綿が長い間かかってだんだんと石化したものだって!!
あんな柔らかいのが、こんな石になっちゃうんだ!!
それを半分に割ると、カルセドニーや水晶が中にできるのだって。
すごいなぁ…。
暗くて写真が撮れなかったので、ポストカードの写真を。こんな感じ。
a0373683_20350069.jpeg

天井にライトを当てて、「ほら、これもカルセドニ―だよ」「こっちはすごく美しい水晶があるよ」とか、色々見せてくれた。
水晶とカルセドニ―の両方を、内包しているものもあった!
海面が化石になる途中で、貝などを巻き込むこともあって、カキやマテ貝が中に入ってる事もあるのだって。

他には、タツノオトシゴが入ってた水晶が天井にあって、見てみると本当に顔やお腹部分がわかった!
もう、とっても面白いーー!!

地面に、畑のうねのように少し高くなってるところがあって、これも何か自然のなせるわざ?と思ったら、マッシュルーム栽培に使われた跡だって。
この洞窟、バイキングがせめて来た時や、イギリスとの100年戦争の時に役立ったらしい。

奥に歩いて行くと、天井がちょっと高くなってる場所が。
この辺りは、四方から流れてきた水がぶつかり合っていた場所で、ぶつかった水が天井にぶつかってぐるぐる渦巻いてたらしい。
それで天井が削られていって、他よりも高くなってるらしい。
a0373683_20363829.jpg

この地下洞窟、かなりの範囲に広がっていて、広場の噴水のところまで伸びてるらしい。
全て自然が作ったもので、気の遠くなる年月が必要だったんだろうなぁ。
自然ってすごい!!

奥の方、一か所だけ人が手を入れたところがあって、それも見せてもらいました。
まっすぐ石が切り出された跡があった。
その石の切り出し方も、わかりやすく説明してくれて、昔の人はすごいなぁ…と感心しまくり。
この切り出された石が、シャトーダン城のドンジョンや、他のお城に使われたのだって。

最後に、とっておきのものを見せてあげる、と、カルセドニーのとても美しいものを見せてくれました。
壁や天井に埋まってた他のカルセドニ―とは、別もの!っていう美しさ。
綺麗な水色で、ほんと宝石だわ。

入り口まで戻るときは、全体を色つきの光でライトアップ!
また違った雰囲気となって、綺麗だわぁ。
a0373683_20384065.jpg

a0373683_20384007.jpg

本当に、この案内のおじさんが親切で。
最初に、「フランス語、あんまりできないんです…」と言ってたら、たまに英語の単語を交えつつ、ゆっくりフランス語を話してくれて、身振りも大きく説明してくれて、思ったより分かった!
ずっとフランス語だし緊張するかな~と思ったけど、おじさんのおかげで、すごく楽しく洞窟見学できました。

ゆっくり説明してくれてたせいか、予定の45分のガイドよりも長くて、1時間経ってる。
おじさんは休憩するまもなく、次の3時のお客さん2人に説明し始めてました。
あ、最初から3時に来てたらガイドしてもらえるかドキドキ待ってる事もなかったのか…と思ったのだけど、それだったら、普通のナチュラルスピードのフランス語での説明になって、あんまり分からなかったんだろうな。
最初はハラハラしちゃったけど、結果的には2時に行って良かった!
つきっきりで分かりやすく説明してくれて、おじさんには感謝しかないわ。

洞窟内は暗くて写真がブレブレだったので、ポストカードをいくつか購入。
a0373683_20393159.jpg

ほんと、楽しかったしいい思い出になった♪

次に向かったのは、歴史自然美術館(Le Musée des Beaux-Arts et d'Histoire naturelle)。
a0373683_20405807.jpg

鳥のはく製の部屋があるのだけど、その数にびっくり!!
a0373683_20405895.jpg

ケースがずらっと並んでいて、それぞれに小鳥がぎっしり。
この数は、すごいなぁ。
a0373683_20413549.jpg

a0373683_20413441.jpg

見たことがない、変わった鳥もたくさん。
a0373683_20421435.jpg

a0373683_20421557.jpg

a0373683_20421479.jpg

a0373683_20421483.jpg

他には、こんな部屋も。
昔のシャトーダンの人の暮らしかな。
a0373683_20431295.jpg

机の上の、ペン先がきになる…。
a0373683_20431177.jpg

シャトーダンでの昔の戦いについての部屋もあり、色々展示されてました。
a0373683_20431129.jpg

こじんまりとした美術館だったので、結構短い時間で見て回れました。

さて、残りの時間は、シャトーダンの街をぶらぶら歩いてみよう。


5/17-その4:「シャトーダンをお散歩&パリのフードマーケット」へ続きます)





by kayo_chocolat | 2018-11-11 20:47 | Paris-2018-旅行記 | Comments(0)


検索
最新の記事
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
画像一覧
タグ
ブログジャンル
記事ランキング