人気ブログランキング |

わたしの足跡 1.5 ~ときどきパリ


KAYO*chocolat(ショコラ)です! 年に一度、フランスに出没♪旅行記更新中です。 写真、カリグラフィー、フランス額装、フランス旅行…などなどを綴ってます。
by kayo_chocolat
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
旧ブログ↓
わたしの足跡

※当ブログ内の全ての画像、文章の転用・コピーを固く禁じます。
Copyright (C) KAYO*chocolat, all right reserved.








以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
>0114ikuさま ..
by kayo_chocolat at 03:16
Kayo_chocola..
by 0114iku at 08:08
>0114iku様 も..
by kayo_chocolat at 21:14
kayo_chocola..
by 0114iku at 05:59
>0114iku さま ..
by kayo_chocolat at 21:07
>0114iku さま ..
by kayo_chocolat at 20:45
kayo_chocola..
by 0114iku at 09:43
kayo_chocola..
by 0114iku at 08:32
>0114ikuさん ..
by kayo_chocolat at 01:43
こんにちは。 その後、..
by 0114iku at 21:38
外部リンク

タグ:カリグラフィー ( 22 ) タグの人気記事

焦ってしまうポインテッドペン講座

2日続けてカリグラフィーの教室。
今日は、2~3ヶ月に一度の、ポインテッドペン・バリエーション講座です。
台風が接近しているので、開始&終了時間を早めて…となりました。

午前は、来年2月にある作品展に出すものを、先生に見て頂いて。
と思ったのだけど、全くレイアウトが決まらず、書く文と「こんな感じ…」とさっと鉛筆でメモしたデザインしかできなかった…。
う~ん…ちゃんと書きあげられるか心配…。

午後も自由に練習していました。
アイデアが浮かばず、苦しい!!
次回は、また気になる面白そうな技法を教えて頂けるので、とても楽しみです♪

雨降る前に帰宅できてよかった。
先生も無事に東京に帰れたとの事で、ホッとしました。

帰ってからものすごく疲れて、横になったのだけど疲れはとれなくて。
ここ最近体調が悪くて、思うように、やりたい事やしないといけない事ができなくて歯がゆい。



by kayo_chocolat | 2017-09-17 23:49 |   →ポインテッドペン | Comments(0)

flemish体の大文字 & 「怖い絵」展へ

カリグラフィー通常教室にて、flemish体(フレミッシュ体)の大文字練習を。
結構くるりんとしているものが多いです。
ちょっとした幅の取り方で、バランスが変わってしまうので気を付けて書いていかねば。
Aが@みたいな形で面白い!
a0373683_00240813.jpg

AからZまでひと通り練習して、もうちょっと小さいものでも描こうと思い、ブラウゼの1/2mmにしてみたらこれはちょっと細い&小さすぎる!
ペン先の幅、0.7mmくらいのもの、家にあるか探してみなきゃ。

教室の後は、「怖い絵」展へ。
行こうと思いつつ先延ばしにしていて、やっと行けた。
台風の影響で風がものすごく強くて、駅から歩いていると傘が飛ばされそうになった…。
夕方だったので空いてるかな…と思いきや、かなり混んでる!
オーディオガイドを借りて、一つ一つじっくり見ていきました。

展示の大部分の絵に、短い解説文がついていて、それを読むので時間がかかるせいか、列の進みはとてもゆっくり。
人垣の後ろからではなくて、絵と間近に向き合いたいと思って、絵の前を進む列に加わってゆっくり見て回りました。

絵の背景を知ることによって、それぞれの絵の怖さやおぞましさが伝わってくる…。
展示は6つのパートに分かれていて、どれもぞくぞくする。
今まで知らなかったものから、ムンクやモロー、ビアズリー、ホガーズなど本当にたくさんあり、色々な絵画や版画がずらりと並んでいるすごい空間だった。

特にターナーの『ドルバダーン城』、13世紀に兄弟間での争いで敗れた兄が20年以上幽閉され、この絵では小さくその兄が兵に引き立てられているのが描かれている。
どうしても城の方に目がいってしまうのだけど、こんな悲しいワンシーンだったとは。
この城の円塔は、今でも残っているらしい。

今回の展示の一番の目玉と言える、ポール・ドラローシュ 『レディ・ジェーン・グレイの処刑』。
この絵で気になって目が引き寄せられたのは、目隠しされた布と顔との間のわずかな隙間の影。
白のドレスと白い目隠しという、「白」が際立つ彼女の姿の中で、この目隠しの下の少しの影の部分がぞっとするほど黒くて、そのわずかな部分の黒から、彼女の恐怖や絶望が溢れだしそうな感じで怖かった。
この絵の隣にはロンドン塔の空撮写真や説明もあって、昔々行ったなぁ…と懐かしく思い出してました。

最後に気になった絵のポストカードを購入。
a0373683_00240830.jpg

あと、ウィリアム・ホガーズの「ジン横丁とビール横丁」の関連で、ジンとビールが売ってました。
ビールの中から、オールド・トムを。
ビンの王冠が猫~♪
a0373683_00240724.jpg

3時間半ほどかかって、全部の絵を見終わったころは、もうくたくた…。
この展示、絵の持つパワーと言うか力と言うか、とても凄すぎて、最初の方から頭痛がしていたのだけど、見終わる頃にはものすごい頭痛でくらくらでした。
絵の力にやられてしまった…。



by kayo_chocolat | 2017-09-16 23:22 |   →通常クラス | Comments(0)


検索
最新の記事
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
画像一覧
タグ
ブログジャンル
記事ランキング