人気ブログランキング |

わたしの足跡 1.5 ~ときどきパリ


KAYO*chocolat(ショコラ)です! 年に一度、フランスに出没♪旅行記更新中です。 写真、カリグラフィー、フランス額装、フランス旅行…などなどを綴ってます。
by kayo_chocolat
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
旧ブログ↓
わたしの足跡

※当ブログ内の全ての画像、文章の転用・コピーを固く禁じます。
Copyright (C) KAYO*chocolat, all right reserved.








以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
>0114ikuさま ..
by kayo_chocolat at 03:16
Kayo_chocola..
by 0114iku at 08:08
>0114iku様 も..
by kayo_chocolat at 21:14
kayo_chocola..
by 0114iku at 05:59
>0114iku さま ..
by kayo_chocolat at 21:07
>0114iku さま ..
by kayo_chocolat at 20:45
kayo_chocola..
by 0114iku at 09:43
kayo_chocola..
by 0114iku at 08:32
>0114ikuさん ..
by kayo_chocolat at 01:43
こんにちは。 その後、..
by 0114iku at 21:38
外部リンク

<   2017年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

リヨンの川沿いの風景を

6月29日の旅行からは、リヨンのソーヌ川の風景を描いてみました。
ぐずついたお天気だったけど、この時は青空が見えて、綺麗だったなぁ。
a0373683_18400999.jpg


あっという間に、今年も最後の日。
来年も旅行記を書きつつ、時短スケッチも行っていこうと思います!



by kayo_chocolat | 2017-12-31 18:42 | 絵にしたフランス | Comments(0)

お気に入りのチョコを食べつつ…

チョコを食べつつ、今日もお仕事。
ラズベリーのDARSが美味しくて、もう何度もリピしてる!
a0373683_17430811.jpeg

この期間限定のメルティーキッスもお気に入り♪
a0373683_17430875.jpeg


期間限定と言えば、こんなビスコを見つけた!
これも美味しかったなぁ。
a0373683_17430978.jpeg




by kayo_chocolat | 2017-12-30 17:44 | チョコレート | Comments(0)

〈10日目-5〉 リヨンで買ったスイーツ、いろいろ♪(6/29-おまけ)【2017 フランス旅行記】


2017年フランス旅行記、目次は→*こちら*
****************

【10日目(6月29日‐おまけ)】
「リヨン美術館と、旧市街散策(6/29-その4)」からの続きです)

リヨンで購入した、甘いもの色々♪
買ったものと、食べた感想をまとめてみることにしました。

『Philippe BEL(フィリップ・ベル)』で買ったショコラ。
a0373683_18321456.jpg

気になったボンボンショコラを、7粒選びました。
ナチュール(60%)、ココナッツ、ヴィオレット、バナナリキュール、ミエル(蜂蜜)、ライム&バジル、ジャスミンです。
a0373683_18321478.jpg

買った日がとても暑くて、ちょっと溶けて味も落ちてしまった…。
ナチュールのガナッシュ、とても滑らか!
ココナッツは、中が2層になっていてとっても美味しい!!
丸いのがバナナリキュールで、ゼリーみたいで面白かったです。
ヴィオレットは、ちょっと香りが薄かったかな…といったところ。

次に、『BERNACHON(ベルナシヨン)』のショコラ。
ボンボンショコラ200gに、マンディアンという種類の板チョコ。
a0373683_18330191.jpg

去年の秋にここで買ったボンボンショコラの内、特に気に入ったものを中心に選びました。
a0373683_18332012.jpg

スペシャリテの「パレドール」と、「Aveline」は特に美味しかったので複数個買いました♪
ここのショコラは、基本に忠実にどっしりとした安定感のある美味しさ。

板チョコのマンディアンは、確か2008年のパリ旅行の時に、パリでフランス各地のお菓子を販売してるお菓子屋さん「A l'Etoile d'or(ア・レトワル・ドール)」で一度買ったことがあって、美味しさに感動したっけ…。
a0373683_18332044.jpg

a0373683_18332102.jpg

ナッツや干しブドウなどが散りばめられていて、食べる部分によって色々な味が楽しめるタブレット。
ほんと、美味しい!!!

リヨンに行ったら忘れてはならないのは、リヨン銘菓のクッサン・ド・リヨン
アーモンド生地のマジパンの中に、ガナッシュが包まれているこの銘菓、食べ比べしてみようと3つのお店で買いました。
老舗の『Voisin(ヴォワザン)』、『Bahadourian』、『Sébastien BOUILLET(セバスチャン・ブイエ)』です。
a0373683_18354665.jpg

リヨンの他のショコラティエやパティスリーなどでも、クッサン・ド・リヨンを売ってるのを目にするけれども、札には「Voisinのクッサン・ド・リヨン」と書かれていることが多いのだけど、見かけた『Bahadourian』と『Sébastien BOUILLET』は、それぞれのお店で作られてるようだったので、食べ比べてみようと思いました♪

まずは、『Voisin(ヴォワザン)』のから。
a0373683_18362639.jpg

爽やかな香りがする。
a0373683_18362695.jpg

3種類の中では、一番オレンジキュラソーが香っていたかな。
ホロホロ…っとまでは行かず、でもとても軽い口当たりで、この微妙な加減がとても美味しい!!

こちらはベリー系のクッサン。
a0373683_18354686.jpg

確か、フランボワーズとブルーベリー。
中はしっかりしたジャムのような感じで、フルーティーでこちらもいい♪


2つめは『Bahadourian』
a0373683_18380005.jpg

a0373683_18375937.jpg

口当たりが、一番しっかりめな感じでした。
外の緑のアーモンド生地が他の2つのよりしっかりしてる。
そして、中のガナッシュは甘さが強めでした。

3つめは『Sébastien BOUILLET(セバスチャン・ブイエ)』
a0373683_18383367.jpg

クッサン・ド・リヨンと、白いQuenelle(クネル)の詰め合わせです。
a0373683_18383236.jpg

まずはクッサンから。
オレンジキュラソーの香りは、かなり抑え目な感じで、ちょっと物足りないかな…。
中のガナッシュは、ヴォワザンの物より、少しほろ苦い感じ。

クネルは、プラリネをホワイトチョコでコーティングしたもの。
リヨンの名物料理の「クネル」を模したお菓子です。
結構な甘さで、コーヒーや紅茶のお供として食べたいショコラ。
かなりあま~い!

クッサン・ド・リヨンの食べ比べの結果…一番好みだったのは、Voisin(ヴォワザン)のもの。
オレンジキュラソーの香りがちょうどよくて、ガナッシュのほろ苦さ&全体の口当たりが、好きな感じでした。
こうやって3つのお店の物を一度に食べ比べて、微妙な違いが分かって面白かった!!


リヨン名物でもう一つ忘れてはいけないのが、真っ赤なプラリーヌ・ルージュ
a0373683_18405332.jpg


糖衣がけされたアーモンドで、赤く着色されているのが特徴。
パン屋さんやパティスリーなど、色々なところで売られていて、これはポール・ボキューズ市場の中のパン屋さんで購入しました。
a0373683_18405211.jpg

とっても鮮やかな色!
a0373683_18405202.jpg

結構硬くて、前歯だと歯が割れそうで怖いので、奥歯でガリガリと噛み砕いて。
お砂糖とアーモンドの味と香りが口に広がって、やみつきになる!


リヨンには、まだまだ美味しそうなものがたくさん!
また行って、色々食べたいなぁ…。


11日目へ続きます)




by kayo_chocolat | 2017-12-29 18:48 | Paris-2017-旅行記 | Comments(0)

年末年始のお楽しみ

注文していた本が届いた!
a0373683_21434370.jpeg
年の瀬が近づいているけれど、まだまだ仕事。
大晦日とお正月はお休みにしようと思っているので、その時に読もうかな。
大掃除は…うーん、無理だ…(>_<)


by kayo_chocolat | 2017-12-28 21:42 | 映画&TV&本 | Comments(0)

〈10日目-4〉 リヨン美術館と、旧市街散策(6/29-その4)【2017 フランス旅行記】


2017年フランス旅行記、目次は→*こちら*
****************

【10日目(6月29日‐その4)】
「クロワ・ルース地区の、メゾン・ド・カニュとトラブール巡り♪(6/29-その3)」からの続きです)

リヨンではもう一つ、見たい美術館があったので急いでそこ、リヨン美術館(Musée des Beaux Arts de Lyon)へ。
館内に入るまでにお庭を横切るのだけど、緑あふれていてとても素敵!
閉館まで、1時間ちょっとしかないので、早足でまずは一番見たいモネの絵のところへ。
モネの絵は、4枚ありました♪
a0373683_17145669.jpg

a0373683_17145581.jpg
どれも好きなのだけど、最近いいなと思うのが、エトルタの海の波の描き方。
近くで見ると、ただたくさんの半円がぐるりんぐるりんしているけれども、離れていくと、波の勢いある動きに見えるのにすごく惹かれる。
a0373683_17145414.jpg

同じ部屋には、2年前にパリ郊外のアヴリン美術館(Musée des AVELINES)で見たEugène Carrière(ウジェーヌ・カリエール)による絵もいくつか。
この人の絵の雰囲気、何だか少し物悲しい感じも漂っていて、見るたびに気になってしまう。
a0373683_17153638.jpg


そして新たに気になったのが、David Girinというリヨンの画家による絵。
向こう側に太陽があるであろう雲と、その雲の薄い部分から光が透けている感じ、そして一瞬絵のどちらが上下か分からなくなるめまいにも似た感じが、すごく胸に来ました。
a0373683_17153574.jpg

この部屋にしばらくいて、椅子に座ってじっと絵を見つめていたので、他の部屋はほんとに流し見程度しかできなくて…。
a0373683_17161774.jpg

カフェのところには、ラウル・デュフィの絵が。
お茶しながら、デュフィの絵を眺められるなんて、贅沢な空間~。
a0373683_17161887.jpg

チャペル部分には、たくさんの彫刻が。
a0373683_17161897.jpg
中でも、René de Saint-Marceauxの、この彫刻に引き寄せられる…。
すごく美しくて、360度色々な角度から見て回る。
何だか息をしてそうで、見ているとドキドキしてくる。
a0373683_17161932.jpg

a0373683_17161724.jpg

閉館のアナウンスが流れたので、後ろ髪を引かれつつ外へ…。
a0373683_17161782.jpg

かなりの大きさのこの美術館、もっとちゃんと時間をかけてじっくり見たかった!!

それから、旧市街へ移動。
気持のいいお天気になった♪
a0373683_17173516.jpg

前回も食べて、すごく美味しかったアイス屋さん、NARDONEへ!
a0373683_17173528.jpg

注文したのは、もちろんお気に入りのローズとヴィオレット♪
a0373683_17173620.jpg

ああ、やっぱりすごく美味しい!!
昨日食べたのも美味しかったけど、こちらの方が好きだなぁ。
コーンも大きいので、結構お腹いっぱいになる。

パリに帰る列車の時間まで、旧市街を散策してました。
トラブールを通り抜けたり…。
a0373683_17183814.jpg

この塔はとても有名なので、観光客もいっぱい!
a0373683_17183765.jpg

リヨンの街並み、素敵だなぁ。
a0373683_17191144.jpg

a0373683_17191044.jpg

a0373683_17191131.jpg

かっこいい看板!!
a0373683_17191140.jpg

パン屋さんで、プラリーヌ入りのクロッカンを買いました。
もう閉店間際だったから、ほとんど残ってなかったのだけど、プラリーヌ入りのこれがあってよかった!
a0373683_17200842.jpg

広場から大聖堂を見上げて…。
a0373683_17200835.jpg

この広場にあるサン・ジャン大聖堂(Cathédrale St-Jean)にも、再び入って。
a0373683_17200990.jpg

a0373683_17200981.jpg

ごみ箱にライオンが描かれてる。可愛い!
a0373683_17200829.jpg

さて、そろそろ駅に向かわなくちゃ…。
川を渡って、また振り返って。
a0373683_17204853.jpg

ベルクール広場からメトロに乗って、TGVの出るペラーシュ駅に向かいます。
広場にはたくさんのテントがあったのだけど、何の催しだったのかな。
a0373683_17204871.jpg

TGVに乗り込んで、20:16にパリへ出発。
a0373683_17204935.jpg

雲が夕日に照らされてピンクに染まってて、とても綺麗。
a0373683_17204716.jpg

色々見て食べて…2回目のリヨン1泊旅行、今回も楽しかったなぁ。
雨が降ったり止んだりだったけど、最後に晴れてよかった!
まだまだ行きたいところがあるリヨンの街、また行きたいなぁ…。

23時近くに部屋に帰り着いて、急にお腹が空いてきたので、レトルトのマッシュルームご飯と、スイカを夜食に食べてました。
そういえば今日は、朝のブリオッシュとサブレ、夕方のアイスしか食べてなかった…。
明日はパリ郊外に行こうかと予定していたけど、ゆっくりした方がいいなぁ…と思いつつ眠りにつきました。

(おまけ:「リヨンで買ったスイーツいろいろ♪」へ続きます…)





by kayo_chocolat | 2017-12-27 17:29 | Paris-2017-旅行記 | Comments(0)

来年の手帳は…

あっという間に、来年まであと数日…。
来年の手帳は、今年使っているものの色違いにしました。
今は赤で、来年は黒。
a0373683_23252802.jpeg

他にいいなと思うカバーのもたくさんあったのだけど、サイズが全部A5サイズと大きくて。
スケジュール管理はスマホではなくて全て手帳で行ってるので、バッグにいつでも入れて持ち運ぶA6サイズをいつも買ってるのだけど、このサイズの販売がすごく少なかったなぁ…。



by kayo_chocolat | 2017-12-26 23:27 | お買いもの | Comments(0)

空には虹、色々見れた日

仕事に行くとき、バスの窓から外を見ると…に虹が見えた!!
a0373683_16544699.jpeg
綺麗だなぁ。
うっすら消えかけだったけど、久しぶりに虹が見れて嬉しい!!
a0373683_16544604.jpeg

そして帰り道、いつものお気に入りのパン屋に寄って帰ろうと思ったら、その付近に溢れんばかりの人が。
何とドラマの撮影してました。
こんなところで!!
集まっていたのは、見物人ではなくてエキストラの人たち。
通勤&通学の撮影みたいで、「スタート!」の声でエキストラがたくさんばーっと歩くのを何度もやってた。

ひとり学生服着た男の子が主役っぽかったけど、う~ん、全然わかんない…。
3月1日あたりに放送らしい。
何のドラマなのかなぁ。
普段は人がほとんど通らないとこなのに、たくさん人が歩いてて何だか変な感じ。

今日は朝、たまに見かける猫さんが、外で日向ぼっこしてるのも見られたし、色々珍しいものを見れた日だった♪
a0373683_16544634.jpeg


by kayo_chocolat | 2017-12-26 16:58 | お出かけ | Comments(0)

クリスマスの、可愛いパン♪

可愛いクリスマスのパンを見つけた♪
a0373683_15451360.jpeg

抹茶のモンブランがデニッシュの上に。
中には、ホイップクリームがたっぷりで美味しい♪
サンタさんの飾りもついてて、今の期間限定品らしい。

そしてもう一つは、雪だるま。
壊さないようにそっと持って帰りました。
a0373683_15451469.jpeg

ホワイトチョコでコーティングされたパンで、頭はクリームパン、胴体はチョコクリームパン。
こっちも可愛いくて美味しかった!



by kayo_chocolat | 2017-12-24 15:47 | 甘い物 | Comments(0)

〈10日目-3〉 クロワ・ルース地区の、メゾン・ド・カニュとトラブール巡り♪(6/29-その3)【2017 フランス旅行記】


2017年フランス旅行記、目次は→*こちら*
****************

【10日目(6月29日‐その3)】
「印刷博物館にて、手書きも印刷物もじっくり鑑賞!(6/29-その2)」からの続きです)

次に向かったクロワ・ルース地区は、19世紀リヨンの主要産業である、絹織物産業が栄えた地区。
高台になっていて、クロワ・ルースの丘からの景色はなかなかいい!!
青空も出てるし、日差しも出てきて暑いけど嬉しい♪
a0373683_17443818.jpg

メゾン・ド・カニュ(La Maison des Canuts)という絹織物博物館があるので、そこに立ち寄ってみました。
a0373683_17443815.jpg

ブティックになってる奥が、絹織物についての博物館になってます。
ちょうど、小学生くらいの団体が来ていて(学校からかな)、それと入れ違いに入ったので静かに見れました。
古い織物機がいくつもある。
a0373683_17451707.jpg

a0373683_17451885.jpg

実際に布に触って、それぞれの感触の違いを楽しんだり。
a0373683_17451787.jpg

英語の説明があるので、それを借りて読みつつ見て回りました。
a0373683_17451758.jpg

奥の部屋には、はた織り機や糸を紡ぐ機械が。
a0373683_17465519.jpg

a0373683_17465493.jpg

a0373683_17465605.jpg


様々な色の絹糸、きらきらしていて美しい…♪
a0373683_17451812.jpg

2部屋だけの小さい博物館なので、あっという間に見終わってしまうのだけど、絹糸の光沢や古い機械の雰囲気がいいなぁ…と気に入りました。
a0373683_17465512.jpg

建物を出る前に、ブティックで完成した絹製品を見て回って。
欲しいなぁ…と思ったけど、スカーフとかそれほど身に着けないなぁ。
絹の端切れがあって、カードや額装の装飾に使えるかな…とそれを買うことにしました。
赤とピンクの端切れを選んで。
レジの男性がとっても丁寧な物腰&優しい喋り方で、端切れだけで恐縮なほどに。
袋に、カイコの繭を付けてくれました!
振ると、カラカラ音が鳴るので…カイコは中にいるままなんだなぁ。
a0373683_17480559.jpg

ショーウィンドーには、素敵なシルクのスカーフが。
色合いがどれも綺麗~。
a0373683_17465597.jpg


このクロワ・ルース地区にも、建物を結ぶ通路・トラブールがたくさんあるので、そのうちいくつかを見ながら戻ることにしました。
絹織物を運ぶ途中に雨に濡れないように造られたとも言われているトラブール。

地図を見ながら、入れるトラブールには建物にマークが書いているので、それを探しつつ。
ヴォラスの中庭のトラブール、これが結構圧巻!
a0373683_17485969.jpg

ちょっと古びた雰囲気が好きだわぁ。
a0373683_17485986.jpg

入っていくと中庭に出て、また別の細い通路から道に出たり…迷路のよう。
a0373683_17485802.jpg

トラブール探しの時、ふと川が見えて…。
a0373683_17485844.jpg

いくつか巡ってもうひとつ、見たいトラブールがあったのだけど、見つからない!!
どこだろう…とうろうろしていると、また雨が降ってきたし、いくらそれらしき通りをうろついても見つけられなかったので、あきらめて麓まで歩いて降りていきました。
見つからないのも、また秘密めいていて面白いよ…と思いつつ。

市庁舎のところまで歩いて降りていって、そこからメトロに乗ってチョコを買いに♪
お店に入る前に、喉が渇いたのでお向かいのアイス屋さんに寄り道。
栗のアイスにしました。
砕いた栗も入っていて美味しいけど、もうちょっと濃厚な方が好みだなぁ。
a0373683_17501566.jpg

いよいよ、チョコ!!
前も行った、リヨンにしかお店のない老舗ショコラトリーの「Bernachon(ベルナシヨン)」
a0373683_17501591.jpg

今回も袋に、好きなものを色々詰めてもらいました。
前食べて気に入ったものを中心に、200g♪
あと、ナッツなどが乗ったマンディアンという板チョコも。
今日は涼しいから、ショコラを持ち歩いていても溶ける心配がなさそうなのでよかった!


6/29-その4:「リヨン美術館と、旧市街散策」へ続きます)






by kayo_chocolat | 2017-12-22 17:54 | Paris-2017-旅行記 | Comments(0)

〈10日目-2〉 印刷博物館にて、手書きも印刷物もじっくり鑑賞!(6/29-その2)【2017 フランス旅行記】


2017年フランス旅行記、目次は→*こちら*
****************

【10日目(6月29日‐その2)】
「リヨンでの朝ご飯&リュミエール博物館へ(6/29-その1)」からの続きです)

2つ目の博物館は、「印刷博物館 (Musée de l'Imprimerie)」。
とっても気になりつつも、前回の時には時間がなくて来れなかったので、今回とても楽しみにしていた場所。
a0373683_18033248.jpg

リヨンは15世紀末から16世紀にかけて、印刷の街としても栄えたらしい。
a0373683_18033227.jpg

年代を追って、印刷の歴史が紹介されているのだけど、一番最初の展示は『印刷が始まる前』ということで、手書きのカリグラフィーがいくつも展示されていて、これにはびっくり&嬉しい!!
a0373683_18033127.jpg

細かくぎっしり書かれた物など、色々あって、内心はしゃぎまくってたくさん写真を撮ってました。
思わぬところで昔のカリグラフィーを、たくさん見られてとっても嬉しい!!!
これは、ラスティック体で書かれたもの。
a0373683_18033226.jpg

製本の道具も。
a0373683_18033364.jpg

それから、初期の印刷機の印刷機具から年代ごとに各部屋に展示されていて、変遷が手にとるようにわかるようになってました。
a0373683_18055047.jpg

印刷して作られた本もずらりと。
a0373683_18055122.jpg

この博物館の解説は、フランス語と英語と両方なのが嬉しい。

こんなふうに印刷されるのねぇ。
a0373683_18055116.jpg

a0373683_18055238.jpg

a0373683_18055246.jpg

すごく大きいカメラもあった!
a0373683_18065137.jpg

モノクロから多色刷りになっていき、印刷物も滑らかで綺麗になっていく。
a0373683_18065111.jpg

a0373683_18065197.jpg

a0373683_18065292.jpg

カラーポスターも、たくさんありました。
a0373683_18065241.jpg

a0373683_18082041.jpg

世界のお札も!
一番上の右、上から3番目に伊藤博文の千円札がある!
a0373683_18082058.jpg

企画展として、フランスの漫画の展示が行われてました。
a0373683_18084253.jpg

刑事もの?なのかな。獣人気になる!!
a0373683_18084311.jpg

a0373683_18084240.jpg

最後に再び、最初のカリグラフィーの物をじ~っくり眺めて目に焼き付けて。
この博物館、部屋も展示もたくさんあり、かなり見ごたえがあった。
こんなに色々あって楽しいとは思ってなかった!

受付の側には、小さいショップもあって、探していた本を発見したので、ほんと満足でした♪

外に出ると、晴れてる!!やった!!
次は、クロワ・ルースの丘へ行きまーす!


6/29-その3:「クロワ・ルース地区の、メゾン・ド・カニュとトラブール巡り♪」へ続きます)







by kayo_chocolat | 2017-12-20 18:13 | Paris-2017-旅行記 | Comments(0)


検索
最新の記事
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
画像一覧
タグ
ブログジャンル
記事ランキング