わたしの足跡2 ~ときどきパリ


KAYO*chocolat(ショコラ)です! 年に一度、フランスに出没♪旅行記更新中です。 写真、カリグラフィー、フランス額装、フランス旅行…などなどを綴ってます。
by kayo_chocolat
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
旧ブログ↓
わたしの足跡

※当ブログ内の全ての画像、文章の転用・コピーを固く禁じます。
Copyright (C) KAYO*chocolat, all right reserved.








以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
>0114iku様 も..
by kayo_chocolat at 21:14
kayo_chocola..
by 0114iku at 05:59
>0114iku さま ..
by kayo_chocolat at 21:07
>0114iku さま ..
by kayo_chocolat at 20:45
kayo_chocola..
by 0114iku at 09:43
kayo_chocola..
by 0114iku at 08:32
>0114ikuさん ..
by kayo_chocolat at 01:43
こんにちは。 その後、..
by 0114iku at 21:38
>0114ikuさん ..
by kayo_chocolat at 11:22
フランスに来られてるんで..
by 0114iku at 09:47
外部リンク

〈3日目-3〉 モンフォール・ラモリーで、素敵な出会いが♪(5/15-その3) sanpo


2018年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【3日目(5月15日-その3)】
「パリ郊外、ウーダンでまさかの…!!(5/15-その2)」からの続きです)

ウーダンのドンジョンが閉まっていて、かなりがっかり…。
でも気を取り直して、モンフォール・ラモリー(Montfort-l'Amaury)という町に行くことにして、途中の最寄りのモンフォール・ラモリー・メレ(Montfort l'Amaury-Méré)駅で電車を降りることに。

町の名前と、丘の上に廃墟の塔がある事しか覚えてなかったので、駅からそこまでの地図は持ってない。
でも、今回の旅行では強い見方が!!
どこでもスマホを使えるので、グーグルマップで道がわかる!!
ああ、昨日SIMカードを買って入れ替えておいて、本当に良かった~~♪

モンフォール・ラモリーは駅からかなり離れてて、片道50分ほどずーーーっとひたすら歩き、メレという町を越えたところにありました。
50分早歩きって、何キロくらいなのかな。

まっすぐ延びた、こんなみち。
a0373683_20132781.jpg

道の左右は麦畑。いい風景だなぁ。
印象派の絵の中みたい。
a0373683_20132790.jpg

てくてく歩いて、16時ちょっと過ぎに着きました。
ずっと緩やかな上り坂だったので、着いた時には暑くて汗だく!!

汗が引くまでちょっと休憩して、観光案内所へ。
町の地図と名所の冊子をもらって、廃墟の塔の場所を印をつけてもらって。
a0373683_20161204.jpg

それから、まずはサン・ピエール教会(Église Saint-Pierre)に行くことにしました。
a0373683_20132796.jpg

16世紀ごろアンヌ・ド・ブルターニュによって、再建されたらしい。
ステンドグラスがとっても美しくて華やか。
特に、青の色が深みがあって、でも輝いていて、綺麗だなと思いました。
a0373683_20161270.jpg

a0373683_20180182.jpg

a0373683_20161248.jpg

教会の中をゆっくり見て回ってると…いくつかの額を見て思わずびっくり!
額縁の中のマットが、フランス額装になってる♪
長年フランス額装をしている身として、これは嬉しい!!
a0373683_20171146.jpg

a0373683_20171117.jpg

続いては、案内所のすぐそばにある墓地へ。
a0373683_20180153.jpg

この墓地には回廊があって、下の砂地が枯山水のように模様になってる
シンプルなまっすぐなラインだけど、陰影になってていい雰囲気。。
a0373683_20191818.jpg

上を見上げると、屋根の木組みもまた美しい。
a0373683_20191853.jpg

光と影が、とても美しいコントラストを生み出してる。
a0373683_20191867.jpg


綺麗だなぁと一眼レフで写真を撮ってると、一人の初老のおじさんが話しかけてきた。
私はカタコトのフランス語で、おじさんはカタコトの英語で、何とか意思疎通。
写真に興味があるなら、案内所の奥のスペースで写真の企画展をしてるよ、と教えてくれた。
そうなんだ!さっき行ったときは、気づかなかった!

行ってみると、さっきのおじさんもついてきて、色々説明してくれました。
何となんと、そのおじさんが写真を撮った本人だった!!
a0373683_20212097.jpg

モノクロの、美しい森の写真。
木々や、人や鳥や。
水面に映る木の葉とか、どれも滑らかさとともに硬質感もあってすごく好きな感じ!

写真家のおじさん、ランブイエと、モンフォール・ラモリーの間の森で撮ったものを展示してるのだって。
「英語があんまりできなくて、説明できなくてごめんね」と言われてしまい、いえいえ、私こそ、それほどフランス語が出来なくてごめんなさい…、と多々反省。
私がわかるように、ゆっくりフランス語をしゃべってくれて、メルシー、ムッシュー!!
ああ…、印画紙のこととか、聞きたいことがたくさんあるのに!!突っ込んだフランス語は無理…。

日本から来たって言ったら、
「アワガミペーパー知ってる?今回の展示には使ってないけど、アワガミペーパーすごくいいね」と!!
「わぁ!アワガミペーパー、もちろん知ってる!!」って答えて。
アワガミペーパーのツイッターもフォローしてるし、今度使ってみたいなぁと思ってたところなんです。
フランスのこんな遠い町まで知られてるなんて、アワガミペーパーすごい!!

このおじさんの写真が、本当に素敵で。
いいものを見せてもらったなぁ…っていう気持ちでいっぱい。
最後に、感想ノートに日本語だけど簡単にメッセージを書いて、フランス語でなんて書いたか伝えたり、一緒に記念撮影したりして。
一眼レフを使ってたことで、おじさんも話しかけてくれたんだなぁ。
声かけてもらえて、ほんとによかった♪

おじさんと別れて、丘の上の方へ。
さっきの墓地の回廊部分を、外から見るとこんな感じ。
a0373683_20212067.jpg

坂道を登っていくと、こんな小さな広場が。
a0373683_20211984.jpg

そしてまた道を歩いていくと、こんないい雰囲気の石造りのアーチが。
向こうには教会が見えてる。
a0373683_20211991.jpg

こういう風景、好きだなぁ。

さて、塔に向かってどんどん行くぞ!


5/15-その4:「モンフォール・ラモリーの丘の上に佇む、塔の廃墟」へ続きます)





[PR]
by kayo_chocolat | 2018-10-14 20:36 | Paris-2018-旅行記 | Comments(0)
<< 〈3日目-4〉 モンフォール・... 美味しいスイーツとチョコ♪ >>


検索
最新の記事
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
画像一覧
タグ
ブログジャンル
記事ランキング