人気ブログランキング |

わたしの足跡 1.5 ~ときどきパリ


KAYO*chocolat(ショコラ)です! 年に一度、フランスに出没♪旅行記更新中です。 写真、カリグラフィー、フランス額装、フランス旅行…などなどを綴ってます。
by kayo_chocolat
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
旧ブログ↓
わたしの足跡

※当ブログ内の全ての画像、文章の転用・コピーを固く禁じます。
Copyright (C) KAYO*chocolat, all right reserved.








以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
>0114ikuさま ..
by kayo_chocolat at 03:16
Kayo_chocola..
by 0114iku at 08:08
>0114iku様 も..
by kayo_chocolat at 21:14
kayo_chocola..
by 0114iku at 05:59
>0114iku さま ..
by kayo_chocolat at 21:07
>0114iku さま ..
by kayo_chocolat at 20:45
kayo_chocola..
by 0114iku at 09:43
kayo_chocola..
by 0114iku at 08:32
>0114ikuさん ..
by kayo_chocolat at 01:43
こんにちは。 その後、..
by 0114iku at 21:38
外部リンク

〈3日目-2〉 ドゥルダン城の中、まずは美術館へ(6/22-その2)【2017 フランス旅行記】


2017年フランス旅行記、目次は→*こちら*
****************

【3日目(6月22日‐その2)】
「2017年パリNo.1のバゲットを味わって、郊外のドゥルダンの街へ!(6/22-その1)」からの続きです)

ドゥルダン城(Château de Dourdan)への入り口です。
どっしりした城門、かっこいい!!
a0373683_22370894.jpg
このドゥルダン城は、1222年にフィリップ・オーギュストにより、戦いの拠点として造られたお城。
円塔が配置された城壁によってぐるりと囲まれ、さらに外側には濠が掘られているというスタイルです。
城門を抜けると、広場の右奥にはドンジョン(主塔)が見えます。
a0373683_22370881.jpg
この広場に、昔は建物が建っていたのかな…と思いがちだけどそうではなくて、居住のための建物は、城壁に内接して作られていたので、城壁の中央部分は昔から広場のまま。
13世紀ごろのお城はこの様式がよくみられるようです。
奥の方のベンチに行って、城門の方を振り返るとこんな(↓)感じ。
a0373683_22370723.jpg
この左手の建物が、美術館です。
ドゥルダン城は、1672年からは監獄として使用され、1863年にはGuyot家が買い取り、邸宅として改築したらしいです。
14時を過ぎたので、美術館へ。
a0373683_22383520.jpg
中世のころのお城の図解がありました。
昔はこんなふうだったのかぁ。
a0373683_22390735.jpg
模型もあって、雰囲気がつかみやすい。
a0373683_22390766.jpg
a0373683_22390616.jpg
2階へと上る階段。
壁のやりや楯も、むかし実際に戦いで使われていたんだなぁ。
a0373683_22393522.jpg
誰もいなくて、独り占め!
歩くと、床がものすごくギシギシ音を立てていて、どこかで誰かが歩いていると、すぐに分かるほどでした。
a0373683_22393651.jpg
この医療用具の展示棚に、気になるものが…。
a0373683_22393614.jpg
このビンの中に入ってるの、何だろう…?
a0373683_22393663.jpg
他の展示物は、横の方にそれぞれの写真と説明が書かれてあったのだけど、これだけ何も説明はなく。
しっかりと赤い蝋で封されたこの物体、かなり気になってしまった。

これもすごい!!
すごい飾りだなぁと思って、顔を近づけてよく見ると…。
a0373683_22393673.jpg
あ!クイリングだ!!
a0373683_22393547.jpg
細長い紙をくるくる巻いて、色んな飾りを作るペーパークイリングというクラフトです。
中世ヨーロッパの修道女が、装飾のために紙を巻いて絵などを飾った…というのが、クイリングの一つの起源と言われています。
私も、たまに作って、カードに添えたりしてたなぁ。

これは18世紀に作られたもので、中央の楕円のクイリング飾りの中は、幼少のイエスだそうです。
思いがけず、昔のクイリングを実際に目にできて、ちょっと興奮でした。

常設展のほかに、6月30日まで 『La mode au Moyen Âge』 という企画展も行われていて、中世のファッションに関する説明パネルや、再現した服がところどころに展示されてました。
a0373683_22434847.jpg
a0373683_22420435.jpg
説明はすべてフランス語だったのだけど、机の上にすべて英語訳されたファイルがあったので、それをぱらぱらとながめて…。
a0373683_22420330.jpg
a0373683_22420224.jpg
Guyot家の版画もあったり、結構見るところがたくさんあって面白い。
a0373683_22434992.jpg
このステンドグラス、可愛い♪
a0373683_22434995.jpg
a0373683_22435053.jpg
更に上の階へのぼって…。
a0373683_22434785.jpg
a0373683_22451654.jpg
ベッドはすっきりした感じ。
a0373683_22451753.jpg
a0373683_22451611.jpg
思っていたよりも色々見どころがあって、かなり好きな感じの美術館でした。
ひと通り展示を見たので、次はドンジョン&城壁に登るために、そちらに通じるドアを開けて外に出ました。

6/22-その3:「ドゥルダン城の、ドンジョンと城壁に登る!」へ続きます)



by kayo_chocolat | 2017-08-24 23:15 | Paris-2017-旅行記 | Comments(0)
<< 〈3日目-3〉 ドゥルダン城の... 〈3日目-1〉 2017年パリ... >>


検索
最新の記事
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
画像一覧
タグ
ブログジャンル
記事ランキング