わたしの足跡2 ~ときどきパリ


KAYO*chocolat(ショコラ)です! 年に一度、フランスに出没♪旅行記更新中です。 写真、カリグラフィー、フランス額装、フランス旅行…などなどを綴ってます。
by kayo_chocolat
旧ブログ↓
わたしの足跡

※当ブログ内の全ての画像、文章の転用・コピーを固く禁じます。
Copyright (C) KAYO*chocolat, all right reserved.








以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
>0114ikuさん ..
by kayo_chocolat at 01:43
こんにちは。 その後、..
by 0114iku at 21:38
>0114ikuさん ..
by kayo_chocolat at 11:22
フランスに来られてるんで..
by 0114iku at 09:47
>takeshiさん ..
by kayo_chocolat at 08:23
>takeshiさん ..
by kayo_chocolat at 08:19
ランキングからきましたt..
by takeshi at 03:40
ランキングからきましたt..
by takeshi at 17:34
>blue-saさん ..
by kayo_chocolat at 15:39
> 0114ikuさん ..
by kayo_chocolat at 15:35
外部リンク

〈4日目-1〉 ロダンとカミーユが過ごした、リレット城 (5/16-その1)


2018年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【4日目(5月16日-その1)】

今日はとっても早起きで、5:30に起きた!
というのも、今日はロワールの2つのお城に行くから。
リレット城と、アゼ・ル・リドー城です。

7時過ぎにモンパルナス駅について、まずは朝ごはんのクロワッサンを調達。
なかなかホームの番号が出なくて、出発の10分前にやっと表示された。
ホームに入るところに、改札が出来ていて、チケットのバーコードを当てて読み取るようになってました。
だんだん変わっていくなぁ…。

座席についてクロワッサンを食べていると、出発時間が10分遅れるとのアナウンスが。
a0373683_20315073.jpg

トゥールで乗り換えなのだけど、余裕があるからこれくらいの遅れなら大丈夫。
7:45に出発しました。
結構空いてて、お隣は誰もいない。
車掌さんが回ってきたときに、念のために乗り継ぎがある事を言ってみたら、大丈夫だよって言ってくれた。

トゥールに着いたのは、予定より10分ちょい遅い9:00に到着。
うわー、さむーい!!
乗り換えの電車まで30分あるので、前にも行った駅前のブリオッシュ専門のお店で、ブリオッシュショコラを買いました。
a0373683_20314905.jpg

次に乗るのは、アゼ・ル・リドー(Azay-le-Rideau)への列車。
2両編成のこじんまりした列車だった。
これに乗って、さっき買ったブリオッシュショコラを頂きまーす!
結構大きい!
a0373683_20314945.jpg

表面はちょっとパサついてるけど、中はしっとり。

25分ほど乗って、10時ちょい前にアゼ・ル・リドー駅に到着!
この駅から、2つのお城に歩いていけるのです。
ちょっと坂道を下って、右に行けばリレット城、左に行けばアゼ・ル・リドー城です。

まずは、右に曲がってリレット城(Château de l'Islette)に向かいます!
このお城、駅から歩いていける距離にも関わらず、なぜかガイドブックには全然載ってない…。
歩道がなくて、車道わきの草むらを歩いて…。
すぐ横を、車がびゅんびゅん走っていくから、結構怖い!!
20分弱歩くと、お城の入り口が見えてきました。
a0373683_20315013.jpg

ここを入ってすぐ右に受付があり、そこを通り過ぎて歩いていくと…お城が!!
このリレット城は16世紀に建てられたお城で、今は個人所有で、 公開は春夏の期間限定となってます。
そして、彫刻家のロダンと弟子であり愛人であったカミーユが、一時滞在したお城なんです。
a0373683_20342489.jpg

お城に近づいて行って…早速中に入ってみよう!
a0373683_20342374.jpg

a0373683_20342426.jpg

1階の部屋には、ロダンやカミーユの写真がたくさん。
a0373683_20360651.jpg

a0373683_20360550.jpg

カミーユがロダンに宛てた手紙も、何通も飾られてました。
個人的な手紙が公開されてるなんて、カミーユも思わなかっただろうな…。
a0373683_20360662.jpg

a0373683_20360570.jpg

a0373683_20360691.jpg


次は、2階の大サロンへ。
すごい!!素敵な空間!!
a0373683_20382660.jpg

とても大きい部屋で、奥行きが14メートルあり、幅が8メートルあるのだって!
a0373683_20382608.jpg

天井の彩色も、細かくて美しいです。
a0373683_20385726.jpg

暖炉の上の絵は、色が力強くて目が引き寄せられる。
a0373683_20385787.jpg

a0373683_20385742.jpg

部屋中に、バラのいい香りが漂ってて、優雅な気持ちで見て回りました。
a0373683_20400647.jpg

a0373683_20411497.jpg

あちこちの装飾も、無造作に置かれているような本も、どこをみても素敵な部屋。
華美なのだけど、なんとなく落ち着くような不思議な感じがする。
a0373683_20411469.jpg

a0373683_20434283.jpg

『座らないでね』という合図に、そう書かれたカードでなく、そっと緑を置いているところも、部屋の雰囲気を壊してなくていい感じ。
a0373683_20431463.jpg

a0373683_20434281.jpg

鏡を見たら、やっぱり映った自分を撮っちゃう!
a0373683_20411452.jpg

この部屋から見渡すお庭。
すごくいい天気で、気持ちよさそう!
あとでお庭も散歩してみよう。
a0373683_20434313.jpg

サロンの奥にも部屋があるので、そちらに行ってみよう。


(その2へ続きます…)





[PR]
# by kayo_chocolat | 2018-10-17 20:48 | Paris-2018-旅行記 | Comments(0)

丘の上の塔を見上げて

5月15日のフランス旅行より、塔の絵を。
塔の廃墟の少し下の、広場から見上げたのを描いてみました。
a0373683_01092825.jpeg

色んな緑がたくさんなので、それをどう描くか難しかったです。






[PR]
# by kayo_chocolat | 2018-10-16 23:07 | 絵にしたフランス | Comments(0)

〈3日目-4〉 モンフォール・ラモリーの丘の上に佇む、塔の廃墟(5/15-その4)


2018年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【3日目(5月15日-その4)】
「モンフォール・ラモリーで、素敵な出会いが♪(5/15-その3)」からの続きです)

丘の上を目指し、門をくぐって…。
人の気配もないし、何だか異世界に続く感じがする~!とちょっとワクワクしながら。
a0373683_20240091.jpg

見えてきた!!
古城の塔の廃墟が!
a0373683_20240124.jpg

塔の廃墟は、全部で3つ。
a0373683_20251527.jpg

a0373683_20251545.jpg

11世紀に造られた最初の城が戦いを経て廃墟になり、15世紀にその城砦を、アンヌ・ド・ブルターニュが再建したらしい。
でもそれも、壊されて廃墟となってしまい、今に至る…。
a0373683_20255553.jpeg

レンガ模様のを、違う角度から…。
a0373683_20255597.jpg

私の他には誰もいなくて、あっちこっち歩き回って、いろんな角度から見たり写真を撮ったり。
a0373683_20274962.jpg

a0373683_20303549.jpg


地面に残るこの跡は、どんな部分だったのかな。
a0373683_20274921.jpg

上の方に植物が生えてたり、長い長い年月を感じる。
a0373683_20274954.jpg

ああ、この崩れかけた感じ、すごく好きだ…。
a0373683_20284636.jpg

もともとは、どんな塔の姿だったのかな。
a0373683_20284692.jpg

a0373683_20303482.jpg

緑の間からは、最初に行った教会がみえる!
a0373683_20284668.jpg

少し下がったところに広場があり、そこから廃墟を見上げて。
a0373683_20292466.jpg

私だけの静かな空間で、ゆっくり思う存分見ることができて、とても満足。
いい雰囲気で、来てみて良かった。

教会前まで戻って振り返ると、ここからも廃墟の塔が見える!
a0373683_20294405.jpg

それから、町を少しお散歩。
a0373683_20300597.jpg

塔を別の角度で見れる場所はないかな~とうろうろしていると、なかなかいい場所が。
緑の中に埋もれる、塔が見える!
a0373683_20292401.jpg

ぐぐっとズームにして…。
これもまた、いい雰囲気でしばし見つめる…。
a0373683_20292423.jpg

ここからは教会も、全体が見えます。
家の屋根はどれも茶色で、可愛いこじんまりとした町。
a0373683_20314484.jpg

再び、石造りのアーチの元へ。
絵になるなぁ。
a0373683_20314409.jpg

反対からも見て。
a0373683_20314481.jpg

かなり満足して、18時過ぎに町を離れることにしました。
a0373683_20320996.jpg

あ、そういえばこの町には、音楽家のモーリス・ラヴェルの家もあるのだけど、見てみるのをすっかり忘れてた…。

また、駅まで50分弱ひたすら歩く…。
a0373683_20320937.jpg

太陽の光が、来る時よりも柔らかくなってきたし、帰りは緩やかな下りだから楽だわぁ。
駅には19時過ぎに到着!

表示が出てて、モンパルナス駅で何かトラブルがあったらしく、20時頃までダイヤが乱れてるらしい。
心配したけど、19:25のパリ行きはちゃんと来て良かった。
あんなに暑かったのに、風が冷たくなってきて寒い!

帰りにスーパーに寄って、昨日買ったココット鍋の形のレトルトの、青と黒を買って。
これで3色全部買った!
内容はそれぞれ違うので、食べるのが楽しみだな。
a0373683_20320824.jpg

あとは、キャロットラペとハーブティー、おやつにクッキーも買って♪

21:30過ぎから夜ご飯!
赤のココット鍋のを食べてみることにしました。
容器はプラスチックなので、レンジでチンしてあっという間に出来上がり♪
a0373683_20320810.jpg

これは、プチサレ(塩漬け豚)とレンズマメ。
人参と玉ねぎもちょこっと入ってました。
好きな味付けで、なかなか美味しい!
小さそうに見えたけれども、レンズ豆でかなりお腹がふくれる!!

食後にクッキーをつまみつつ、写真整理。
ウーダンでは残念だったけど、それがなかったらモンフォール・ラモリーには行ってなくて、写真家のおじさんには出会えなかったろうし、結果オーライ!!

素敵な風景や人に会って、モンフォール・ラモリーに行って本当によかったと思った。


4日目へ続きます)




[PR]
# by kayo_chocolat | 2018-10-15 20:50 | Paris-2018-旅行記 | Comments(0)

〈3日目-3〉 モンフォール・ラモリーで、素敵な出会いが♪(5/15-その3)


2018年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【3日目(5月15日-その3)】
「パリ郊外、ウーダンでまさかの…!!(5/15-その2)」からの続きです)

ウーダンのドンジョンが閉まっていて、かなりがっかり…。
でも気を取り直して、モンフォール・ラモリー(Montfort-l'Amaury)という町に行くことにして、途中の最寄りのモンフォール・ラモリー・メレ(Montfort l'Amaury-Méré)駅で電車を降りることに。

町の名前と、丘の上に廃墟の塔がある事しか覚えてなかったので、駅からそこまでの地図は持ってない。
でも、今回の旅行では強い見方が!!
どこでもスマホを使えるので、グーグルマップで道がわかる!!
ああ、昨日SIMカードを買って入れ替えておいて、本当に良かった~~♪

モンフォール・ラモリーは駅からかなり離れてて、片道50分ほどずーーーっとひたすら歩き、メレという町を越えたところにありました。
50分早歩きって、何キロくらいなのかな。

まっすぐ延びた、こんなみち。
a0373683_20132781.jpg

道の左右は麦畑。いい風景だなぁ。
印象派の絵の中みたい。
a0373683_20132790.jpg

てくてく歩いて、16時ちょっと過ぎに着きました。
ずっと緩やかな上り坂だったので、着いた時には暑くて汗だく!!

汗が引くまでちょっと休憩して、観光案内所へ。
町の地図と名所の冊子をもらって、廃墟の塔の場所を印をつけてもらって。
a0373683_20161204.jpg

それから、まずはサン・ピエール教会(Église Saint-Pierre)に行くことにしました。
a0373683_20132796.jpg

16世紀ごろアンヌ・ド・ブルターニュによって、再建されたらしい。
ステンドグラスがとっても美しくて華やか。
特に、青の色が深みがあって、でも輝いていて、綺麗だなと思いました。
a0373683_20161270.jpg

a0373683_20180182.jpg

a0373683_20161248.jpg

教会の中をゆっくり見て回ってると…いくつかの額を見て思わずびっくり!
額縁の中のマットが、フランス額装になってる♪
長年フランス額装をしている身として、これは嬉しい!!
a0373683_20171146.jpg

a0373683_20171117.jpg

続いては、案内所のすぐそばにある墓地へ。
a0373683_20180153.jpg

この墓地には回廊があって、下の砂地が枯山水のように模様になってる
シンプルなまっすぐなラインだけど、陰影になってていい雰囲気。。
a0373683_20191818.jpg

上を見上げると、屋根の木組みもまた美しい。
a0373683_20191853.jpg

光と影が、とても美しいコントラストを生み出してる。
a0373683_20191867.jpg


綺麗だなぁと一眼レフで写真を撮ってると、一人の初老のおじさんが話しかけてきた。
私はカタコトのフランス語で、おじさんはカタコトの英語で、何とか意思疎通。
写真に興味があるなら、案内所の奥のスペースで写真の企画展をしてるよ、と教えてくれた。
そうなんだ!さっき行ったときは、気づかなかった!

行ってみると、さっきのおじさんもついてきて、色々説明してくれました。
何となんと、そのおじさんが写真を撮った本人だった!!
a0373683_20212097.jpg

モノクロの、美しい森の写真。
木々や、人や鳥や。
水面に映る木の葉とか、どれも滑らかさとともに硬質感もあってすごく好きな感じ!

写真家のおじさん、ランブイエと、モンフォール・ラモリーの間の森で撮ったものを展示してるのだって。
「英語があんまりできなくて、説明できなくてごめんね」と言われてしまい、いえいえ、私こそ、それほどフランス語が出来なくてごめんなさい…、と多々反省。
私がわかるように、ゆっくりフランス語をしゃべってくれて、メルシー、ムッシュー!!
ああ…、印画紙のこととか、聞きたいことがたくさんあるのに!!突っ込んだフランス語は無理…。

日本から来たって言ったら、
「アワガミペーパー知ってる?今回の展示には使ってないけど、アワガミペーパーすごくいいね」と!!
「わぁ!アワガミペーパー、もちろん知ってる!!」って答えて。
アワガミペーパーのツイッターもフォローしてるし、今度使ってみたいなぁと思ってたところなんです。
フランスのこんな遠い町まで知られてるなんて、アワガミペーパーすごい!!

このおじさんの写真が、本当に素敵で。
いいものを見せてもらったなぁ…っていう気持ちでいっぱい。
最後に、感想ノートに日本語だけど簡単にメッセージを書いて、フランス語でなんて書いたか伝えたり、一緒に記念撮影したりして。
一眼レフを使ってたことで、おじさんも話しかけてくれたんだなぁ。
声かけてもらえて、ほんとによかった♪

おじさんと別れて、丘の上の方へ。
さっきの墓地の回廊部分を、外から見るとこんな感じ。
a0373683_20212067.jpg

坂道を登っていくと、こんな小さな広場が。
a0373683_20211984.jpg

そしてまた道を歩いていくと、こんないい雰囲気の石造りのアーチが。
向こうには教会が見えてる。
a0373683_20211991.jpg

こういう風景、好きだなぁ。

さて、塔に向かってどんどん行くぞ!


5/15-その4:「モンフォール・ラモリーの丘の上に佇む、塔の廃墟」へ続きます)





[PR]
# by kayo_chocolat | 2018-10-14 20:36 | Paris-2018-旅行記 | Comments(0)

美味しいスイーツとチョコ♪

大好きなパン屋さんのアルション。
これからしばらく、アルション方面の用事が定期的にあるので、また買って帰れる♪

数か月ぶりのアルションで、まず買ったのは…甘いもの♪
栗のタルトとモンブランデニッシュです。
a0373683_21040499.jpg

どちらも期間限定のもの。
栗がた~っぷりで、とっても美味しかった~♪

それともうひとつ、最近の美味しいものがジャック・ジュナンのチョコと、フォートナム・アンド・メイソンの紅茶。
a0373683_21040576.jpg

久しぶりにジャック・ジュナンのチョコを食べれて、とっても嬉しい♪
a0373683_21040542.jpg

食べた後の缶は、小物入れに。
やっぱりチョコを食べると、元気になるわぁ。


[PR]
# by kayo_chocolat | 2018-10-13 21:05 | チョコレート | Comments(0)

〈3日目-2〉 パリ郊外、ウーダンでまさかの…!!(5/15-その2)


2018年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【3日目(5月15日-その2)】
「ノートルダム大聖堂前の、パン祭りへ!(5/15-その1)」からの続きです)

パリのモンパルナス駅からN線に1時間ほど乗って、ウーダン(Houdan)という町へ。
14時ごろに着きました。
太陽が出てきて、結構暑い!!
a0373683_20215968.jpg

駅から町の方を見ると、ドンジョンが見えてる!
あそこが目的の場所♪
a0373683_20215992.jpg

コロンバージュ(木骨造り)の家々もあって、それがとても可愛い。
a0373683_20225224.jpg

a0373683_20225297.jpg

教会が見えてきたので、入ってみることに。
a0373683_20225262.jpg

静かで落ち着く空間。
a0373683_20240045.jpg

a0373683_20240069.jpg

a0373683_20240088.jpg

a0373683_20244054.jpg

ここのバラ窓も、素敵だな。
a0373683_20244089.jpg

さて、ドンジョンに向かおう!!
去年からますます高じてきてる、古い城への興味。
この旅行でもいっぱい見て回るぞー!
a0373683_20251000.jpg

お城で残っているのは、このドンジョン(主塔)のみ。
どっしりしていて、かっこいいー!!
a0373683_20251059.jpg

入り口は、昔どおり2階から。
いざ!入るぞ!!と思って近づくと…あれ?何だか様子が変だぞ。
2階へ続く階段の入り口の柵が閉まってる…。
午後は14時からで、今はもう14:30を過ぎてるのに…。

この入り口近くにある、料金や時間が書かれている案内を、嫌な予感を感じつつ見てみると…。
あああーーーー!やっぱり!!!!
空いてる曜日が変更になってる!!!
今日は、まさかの休み!!!
a0373683_20251001.jpg

「火曜」のとこを、オレンジのテープを貼って消してある…。
1ヶ月ぐらい前にサイトでチェックした時は、火曜もやってるって書いてたのに!!
いつ変更したのかなぁ。
登りたかったなぁ…。がっかり…。
a0373683_20251040.jpg

旅行の日程、帰ったら見直して開いてる時にまた来られるか、確認してみよう…。
町の地図も持ってなくて、他に見るところはよくわからなかったので、15時過ぎのパリ行きの電車に乗ることに。

でも、せっかく1時間もかけて来たので、そのままパリに帰るのではなく、途中にあるモンフォール・ラモリー(Montfort-l'Amaury)へ行ってみることにしました。


5/15-その3:「モンフォール・ラモリーで、素敵な出会いが♪」へ続きます)





[PR]
# by kayo_chocolat | 2018-10-12 20:34 | Paris-2018-旅行記 | Comments(0)

〈3日目-1〉 ノートルダム大聖堂前の、パン祭りへ!(5/15-その1)


2018年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【3日目(5月15日-その1)】

目覚ましが鳴る前に、ぱっちりすっきり目が覚めた!
午後は郊外に行こうかなと思ってるので、列車の時間を調べたりしてちょっとゆっくり出発。

まずはノートルダム大聖堂前で行われている、パン祭り(Fête du Pain)へ行ってみることにしました。
a0373683_20353903.jpg

a0373683_20270117.jpg

大きいテントが設置されてる。
a0373683_20270195.jpg

中はこんな感じ。
パンのすごくいい香りが充満してる!!
a0373683_20283573.jpg

思っていたほどお店の数は入っていなくて、ちょっと寂しいかな…。
イメージでは、色んなパン屋さんがたくさんずらーっと並んでて、試食もあるのかなと思ってたのだけど、販売は端の方だけで、試食もなかった…。

こちらは、アメリカから招待されたパン屋さん。
a0373683_20294823.jpg

この大きいパンは何だろう?
a0373683_20294872.jpg

子供向けのパン教室が開催されてて、子供たちが生地をこねたりしてる。
楽しそう!!
a0373683_20302000.jpg

a0373683_20302036.jpg

パンを焼くオーブンがたくさん!
職人さんたちが、次々にパンを作ってます。
a0373683_20305651.jpg

a0373683_20305621.jpg

あ!ちょうどバゲットが、オーブンに入れられようとしてる!
a0373683_20305697.jpg

ん~!できたて、どれも美味しそう♪
a0373683_20305735.jpg

a0373683_20353941.jpg

パンを売ってるコーナーがあるので、そこで何か買おうかなと近づいて。
a0373683_20340864.jpg

まず買ったのは、パリに来たら色々食べ比べしてるショソン・オ・ポムを。
a0373683_20332542.jpg

中のリンゴペーストは好きな味だけど、パイ生地はのぺっとしてて普通かなぁ。

次に食べたのは、ブリオッシュショコラ。
a0373683_20340810.jpg

まだほんのりあったかくて、ショコラも柔らかくて美味しい!!
a0373683_20332424.jpg

他にも色んなパンが売ってました。
a0373683_20344201.jpg

a0373683_20344242.jpg

こちらは、各国のパンの紹介コーナー。
たくさんの種類があるんだな。
a0373683_20350965.jpg

a0373683_20350938.jpg

外に出て、ノートルダムの横をお散歩して、Rue du Chat-qui-Pêche (釣りをするネコの道)へ行ってみた。
去年来た時と同じく、やっぱりこの壁に描かれてた釣りをする猫の絵は消されたまま。
a0373683_20353964.jpg

長い間あったあの絵、すごくいい雰囲気で好きだったのになぁ、残念。

そろそろ、郊外に行く列車に乗るために、モンパルナス駅に向かいました。


5/15-その2:「パリ郊外、ウーダンでまさかの…!!」へ続きます)





[PR]
# by kayo_chocolat | 2018-10-11 20:57 | Paris-2018-旅行記 | Comments(0)

関西作品展に出していた、カリグラフィー作品たち

先日行われた、「2018年カリグラフィー関西作品展」に出していた作品です。
a0373683_22570417.jpg

ずっと練習してきたフレミッシュ体で。
今年の5~6月のフランス旅行で撮ってきた林の写真に、アルチュール・ランボーの詩を書きました。
特殊なレンズを使って、撮ったものですよ。
a0373683_22570440.jpg

文字のセリフを変えたり、あれこれ試行錯誤しつつ、清書を数枚。
大好きな書体なので、思い入れたっぷり。

小作品はシンプルに。
これはテーマが決まっていて、大切な人へのメッセージだったので、あとで両親にプレゼントしようかなと思い、「心のそこからありがとう」とピンクとブルーで書きました。
a0373683_22570429.jpg






[PR]
# by kayo_chocolat | 2018-10-10 23:04 | 展示作品 | Comments(0)

今回も、旅の絵を

今回も、フランス旅行のあれこれを、時短スケッチしていこうかと思います。
旅行記を1日分書いたら、その日のことを描いて…という形で。

パリに着いた日と、次の日の事をまとめて描きました。
どっちも食べ物♪
a0373683_00480754.jpeg

初日のは、パリに着いた夜のハンバーガー&ポテト。
a0373683_00480761.jpeg

2日目は、とっても可愛いメゾン・アレフのお菓子です♪
a0373683_00480617.jpeg


どちらも、結構お気に入りな感じに描けました♪







[PR]
# by kayo_chocolat | 2018-10-09 23:47 | 絵にしたフランス | Comments(0)

〈2日目-3〉 メゾン・アレフで可愛いお菓子のあとは、ポンピドゥーへ。夜ご飯は美味しい手料理♪(5/14-その3)


2018年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【2日目(5月14日-その3)】
「熱々オニオングラタンスープと巨大キッシュ!アライアの回顧展&BHVでの写真展(5/14-その2)」からの続きです)


そろそろ、休憩がてら甘いものを食べようかなと、Maison Aleph(メゾン・アレフ)というお店へ。
a0373683_21373932.jpg

中東のお菓子らしいです。
小さくてかわいいお菓子がたくさん!
a0373683_21374036.jpg

ちょっとだけイートインのスペースがあるので、コーヒーとともにいただくことに。
選んだのは、2つのお菓子。
花びらがついてるのは、nids(鳥の巣)というお菓子のマンゴー&ジャスミン味。
それともう一つは、チョコ味にしました。
a0373683_21374032.jpg

中東菓子と言えば、すごく甘いという印象なのだけど、ここのはちょうどいい甘さ!
細い麺が固まったみたいなの、名前の通りに鳥の巣みたいで可愛い♪
サクッとカリカリで、中にはマンゴーソースが入っていて美味しい!
チョコソースが入ってるのも程よい甘さで、チョコが濃厚でこっちも良い♪

甘いものを補給して、元気が出てきた♪
もうちょっと見て回ろう!

向かったのは、ポンピドゥーセンター
大きなフランス国旗が、はためいてる。
a0373683_21393104.jpg

別角度からも…。
a0373683_21393116.jpg

こんなところに、ストリートアートが。
a0373683_21393053.jpg


ポンピドゥーの地下の展示へ。
広いところでは、こんな展示が行われてました。
何だろう…作ってる人もいたりしたけど、参加型な感じ?
a0373683_21412154.jpg

むむ…よくわからず、ここはサッと見てから、同じく地下にある写真ギャラリーへ。
Broomberg & Chanarin という2人組にによる『Divine Violence』という展示が行われてました。
a0373683_21412151.jpg

a0373683_21415443.jpg

本のページと写真との組み合わせ。
これらの本は聖書で、ところどころ赤線が引かれてました。
a0373683_21415404.jpg

赤のアンダーラインの部分を見て、写真を見て…。
こういう表現方法も、とても興味深い!!
a0373683_21415445.jpg

ポンピドゥーの好きなところは、地下のこのギャラリーは無料だし、1階にはブックショップがあること!
帰る前に、何かあるかな…と見てみると、とても可愛い猫の写真集を発見♪
Willy Ronis(ウィリー・ロニ)による猫写真、いい本と出合えてうれしい♪
a0373683_21423491.jpg

外は、小雨が降りだしてる。
ちょっとだけ周りを散歩してから、帰ることにしました。

最寄り駅で、スーパーに寄って必要なものをあれこれと。
毎回、旅行中に使うボディソープを選ぶのが楽しみで。
今回はどんな香りにしようかな…と。
選んだのは、バラの香りのもの。
a0373683_21423559.jpg

ハーブティは、滞在中に飲むものはもちろん、色んな種類のを日本に持ち帰りたいので、これからどんどん増えてく予定。
とりあえず買ったのは、これらの2つ。

前回の滞在の時、気になりつつ買ってなかった、レトルト食品も。
これ、入れ物がココット鍋の形をしていて、とっても可愛い♪
a0373683_21423507.jpg

デザート用に、羊のミルクで作ったフラン(プリンみたいなの)も。
カフェ味にしてみました。

21時ごろ部屋に戻ると、嬉しいことに部屋主さんが夕食を作ってくれてた!
今日は旦那さんのお誕生日なのだって!

まずは、ホワイトアスパラのスープ。
これとっても香りが良くて、すごくおいしかった!!
ホワイトアスパラ、好きだわぁ。
a0373683_21432054.jpg

メインは、野菜の肉詰め&ご飯。
ピーマン、トマト、ズッキーニでした。これもおいしい!
a0373683_21432101.jpg

デザートはチョコケーキ。
チョコが滑らかで濃厚で、ものすごく好きな味♪
a0373683_21432090.jpg

どれも美味しくて、お腹いっぱいになって幸せ気分。
今日の疲れが癒されていく感じだった。


3日目へ続きます)




[PR]
# by kayo_chocolat | 2018-10-07 21:57 | Paris-2018-旅行記 | Comments(0)


検索
最新の記事
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
画像一覧
タグ
ブログジャンル
記事ランキング